厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

愛川町 見守りにAIロボット 導入見据え実証実験

社会

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
見守りロボット「PaPeRo i」(写真提供・愛川町)
見守りロボット「PaPeRo i」(写真提供・愛川町)

 愛川町が今年度、一人暮らし高齢者を対象に見守りロボットを貸し出す実証実験を行う。このロボットは会話でコミュニケーションを取れるほか、離れた家族との連絡機能などを備えており、AIを活用した新たな見守り方法として来年度の本格導入を検討する。

 新型コロナウイルスの影響により、住民間の交流や離れて住む家族の訪問機会が減少している。社会活動が減少することで、一人暮らし高齢者の孤立や心身機能の低下、介護リスクなどが懸念されている。

 全国的に高齢化が進むなか、町では、NEC製のコミュニケーションロボット「PaPeRo i(パペロ アイ)」を使った実証実験を7月から9月の2カ月間行う。自治体での同ロボット導入や実証実験は、愛川町を含めても全国で6例ほどで、東日本では初の取り組み。愛川町では、4月30日までに応募のあったモニターの高齢者など10世帯がロボットの機能を体験する。

 ロボットは、1日3回高齢者の写真を撮って遠方の家族に送信する「見守り」機能や、天気予報やニュースなどを教えてくれる「音声リクエスト」などがあり、撮影が丸一日滞ったり、緊急通報ボタンが押されると離れた家族にアラームメールが届く機能もある。また、離れた家族側から高齢者宅の室内を撮影することや、写真やメッセージを送ることもできる。

 実証実験では町が費用を負担するため、今年度予算で83万9千円を計上。担当の町高齢介護課によると、本格導入時にも利用者の費用負担軽減を検討しているという。

 実証実験後は、モニターの高齢者へのアンケートを行い、回答を分析したうえで、本格導入するかを総合的に判断していく。

 同ロボットについて詳しくは同課【電話】046・285・2111へ。
 

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

駅前に「にぎわい」灯す

厚木市

駅前に「にぎわい」灯す 文化

23日からイルミネーション

10月22日号

100周年に向け始動

東京工芸大学

100周年に向け始動 教育

記念サイトを立ち上げ

10月22日号

新たな住民交流の場創出

(仮称)プレミアムクラブ

新たな住民交流の場創出 社会

住民が発起人

10月15日号

SDGs本を小中学校へ

本厚木RC

SDGs本を小中学校へ 社会

4周年を記念して寄贈

10月15日号

日常生活の回復へ一歩

日常生活の回復へ一歩 社会

公共施設など再開

10月8日号

懐かしの学び舎再現

半原小学校旧校舎

懐かしの学び舎再現 社会

歴史的資産として活用

10月8日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook