厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年6月18日号 エリアトップへ

今年5月から厚木市自治会連絡協議会の会長を務める 宮田 幸紀(こうき)さん 厚木市旭町在住 76歳

掲載号:2021年6月18日号

  • LINE
  • hatena

経験生かし、心豊かな町に

 ○…「心豊かなまちにしたい」と開口一番、抱負を語る。これは、厚木市自治基本条例にも出てくる言葉だ。約10年前、同条例の制定に向けた市民会議の一員として「自治」を学んだ。「自治は町づくり。それは、つまり人づくりでもある。それをやらないと町は発展していかない」と想いを話す。条例制定から10年程が経ち「あの時より心豊かな町に近づいてるね」と笑顔を見せる。

 ○…秋田県琴丘町(現在の三種町)で生まれ育ち、秋田大で教員免許を取得。「すぐ働きたくて」と、教員を募集していた県の採用試験を受け神奈川へ。初めて赴任したのは厚木第二小。市内のほか、清川村でも教壇に立ち、緑ケ丘小、戸田小では校長を務めた。厚木第二小時代に厚木市に転居。その後、旭町に居を構え、自治会はその時に加入した。現在は旭町2丁目自治会、厚木南地区の会長も引き受ける。

 ○…県教委の学校保健課在籍時に阪神大震災が起き、被災した兵庫県の三宮に4回訪れた。「町中が焼け野原。埃に包まれ焦げた臭いが広がって、凄まじかった」と振り返る。防災の重要性を肌で感じた瞬間だった。その経験が生き、厚木南公民館長だった時に起きた東日本大震災では、地域の避難所をまとめた。最近は水害対策の重要性も見直され「避難のあり方も変わらないといけない。自分の命は自分で守れるように」と話す。

 ○…現在は孫も含めて5人で暮らす。趣味は日本画、写真、グラウンド・ゴルフと多彩。地域の同好会に入り楽しんでいる。この地で教師をしていたため、教え子の地域での活躍や社会貢献はすぐに耳に入ってくる。「若い人が地域でがんばることが町の活性化にもなる。みんなで力を合わせて心豊かな地域にしていきたいね」
 

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

青木 浩行さん

⾃動⾞整備を通して社会に貢献する神奈川県自動車整備厚木支部の支部長を務める

青木 浩行さん

厚木市妻田東在住 60歳

9月24日号

山口 妙子さん

9月17日からロードギャラリーでシャドーボックス展を開催する

山口 妙子さん

厚木市愛甲東在住 52歳

9月17日号

石井 勝巳さん

睦合南公民館のコミュニティづくり推進委員会の委員長を務める

石井 勝巳さん

厚木市妻田東在住 82歳

9月10日号

濁川 謙二さん

厚木観光漁業協同組合の代表理事組合長を務める

濁川 謙二さん

厚木市金田在住 70歳

9月3日号

井上 武さん

第59代厚木市議会議長に就任した

井上 武さん

厚木市幸町在住 55歳

8月27日号

菅井 敬さん

市青少年コンクールの審査をする松川サク工業振興基金委員会の委員長を務める

菅井 敬さん

厚木市飯山在住 64歳

8月20日号

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook