厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

厚木東高アニ漫研 初の"まんが甲子園"出場 全員1年生の5人

教育

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
後列左から木目田教諭、相原さん、一条さん、前列左から内山さん、福留さん、久間さん
後列左から木目田教諭、相原さん、一条さん、前列左から内山さん、福留さん、久間さん

 厚木市王子の厚木東高校(村越みどり校長)のアニメーション漫画研究部が、予選会を突破し”まんが甲子園”と言われる『全国高等学校漫画選手権大会』に初出場する。

 全国大会出場を決めたのは同校アニ漫研の1年生部員5人。顧問の木目田美咲教諭から同大会の情報を聞き、応募条件5人1組で1年生部員がちょうど5人のみだったことから話がまとまり予選会への出場を決意。テーマに沿った作品を提出した。

 結果、参加178校から同校を含む国内37校、海外3校が選出された。同校は12年前と5年前にも挑戦したが予選敗退で、今回見事全国初出場の快挙を成し遂げた。

  本選の第30回全国高等学校漫画選手権大会は、例年高知県で開催されているが、今年はコロナ禍のため8月6日(金)から8日(日)までオンラ インで開催される。

 まんが甲子園に向け、生徒たちは意欲満々。内山理咲子さんは「自分の持てる力を発揮して全力でがんばりたい」、福留優菜さんは「将来は絵の仕事がしたく少し夢に近づけた。チャンスを無駄にしないよう全力で臨みたい」、久間藍幸さんは「優勝をめざしてがんばりたい」、相原麻佑さんは「何でも言い合える強味を生かしてがんばって優勝したい」、一条健太さんは「高校での初チャレンジ。ベストを尽くしたい」と話す。木目田教諭は「いい思い出になるように全力を出して戦ってくれれば」と見守る。

 大会では出題されたテーマに沿ってチームで1枚の紙に「まんが」を描く。近年、漫画家デビューへの新登竜門としても注目されている。
 

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

全館にWi-Fi整備

厚木市内公民館

全館にWi-Fi整備 社会

情報収集、利便性が向上

9月17日号

地場小麦でラスク商品化

JAあつぎ

地場小麦でラスク商品化 文化

芳ばしい「薫り」を消費者へ

9月17日号

ペッパー活用し道徳授業

森の里小

ペッパー活用し道徳授業 教育

「何ができるか」考える

9月10日号

キッチンカーで災害支援

イベントフードプロ115合同会社

キッチンカーで災害支援 社会

県と飲食の提供に関する協定

9月10日号

みんなの力で再出発

古民家カフェよってけさん

みんなの力で再出発 社会

支援者集いクラファン準備

9月3日号

ご当地ナンバーを導入

厚木市

ご当地ナンバーを導入 社会

あゆコロちゃんで魅力PR

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook