厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

厚木市の副市長に就任した 上前 行男さん 平塚市在住 60歳

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

誠心誠意 人事を尽くす

 ○…県職員として9年間籍を置いた厚木土木事務所では所長などを歴任し、県土整備局長で退職。まちづくりの一端を担った実績を買われて白羽の矢が立てられた。志半ばに急逝した前副市長とは、「頑張ろうな」と互いに声を掛け合う間柄だった。「無念だっただろう」と想いを寄せ、「彼の想いや熱意をつなげたい」と重責を引き受ける決意を固めた。座右の銘は『誠心誠意、人事を尽くす』で、「持っているものすべてを尽くして、一生懸命やりたい」と抱負を述べる。

 ○…市民目線で課題に目を向けると、新型コロナウイルス感染症と災害対策は待ったなしの状態だ。ワクチン確保や相模川水系の管理体制には県との調整は不可欠。市政の指揮を執る小林市長の考えや市民の要望を国や県に届ける「パイプ役を担いたい」と役割を捉えている。まん延防止等重点措置で苦境に立つ市内事業者にも触れ、「耳を傾けてお役に立てるよう努めたい」と語る。

 ○…仕事を離れて家庭に戻ると、孫を持つ好々爺。親元を離れて県外へ巣立った3人の子どもや2人の孫とは、オンラインで画面越しにコミュニケーションを図るといい、自然と目尻も下がる。息抜きは妻とのドライブ。コロナ禍以前には、苗字の「上前」のルーツを辿り、祖父の出身地でもある京都府や福井県などを巡るなどアクティブな一面も。

 ○…豊富な観光資源とアクセスの良さを挙げ、観光・産業・農業振興において「厚木市の持つポテンシャルは高い」と分析。まちづくりを担う視点で、「強味は伸ばしていかなければいけない」と言葉を続けた。会話の中にスピード感といった言葉を繰り返すのは「心も身体も豊かな生活」とする市民サービス向上への熱意の表れと捉えた。

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

青木 浩行さん

⾃動⾞整備を通して社会に貢献する神奈川県自動車整備厚木支部の支部長を務める

青木 浩行さん

厚木市妻田東在住 60歳

9月24日号

山口 妙子さん

9月17日からロードギャラリーでシャドーボックス展を開催する

山口 妙子さん

厚木市愛甲東在住 52歳

9月17日号

石井 勝巳さん

睦合南公民館のコミュニティづくり推進委員会の委員長を務める

石井 勝巳さん

厚木市妻田東在住 82歳

9月10日号

濁川 謙二さん

厚木観光漁業協同組合の代表理事組合長を務める

濁川 謙二さん

厚木市金田在住 70歳

9月3日号

井上 武さん

第59代厚木市議会議長に就任した

井上 武さん

厚木市幸町在住 55歳

8月27日号

菅井 敬さん

市青少年コンクールの審査をする松川サク工業振興基金委員会の委員長を務める

菅井 敬さん

厚木市飯山在住 64歳

8月20日号

宝安寺 樹木葬墓地 新区画

1区画(3霊)33万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook