厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

ふぐ調理技術大会 厚木の矢野氏が部門優勝 初の開催

文化

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
調理部門で優勝した矢野さん
調理部門で優勝した矢野さん

 ふぐの処理・調理技術を競う「第1回全日本ふぐ調理技術大会」が6月13日に横浜市内の飲食店の調理場で行われ、厚木市中町の和食料理店「和彩 旬の郷」代表取締役の矢野賢造さん(58)が、調理部門で最高位となる農林水産大臣表彰に輝いた。同大会は今回が初の開催で、(一社)新日本調理師会(小山正武会長)主催、農林水産省後援。

 今年から有毒部位を除去した身欠きふぐを取り扱う際に必要だった保健所への届け出が撤廃されたという。しかし、特異な生態を持つふぐを容易に調理する技術や知識はまだ広く知られていないため、ふぐ食への関心と身欠きふぐの普及拡大につなげるきっかけにしようと大会は行われた。

「これからも腕を磨く」

 大会には、東北から中国地方の7府県の調理師会団体から選抜された代表の8人が出場した。競技は「処理」と「調理」の2部門。矢野さんが農林水産大臣表彰に輝いた調理部門では、刺身の「てっさ」と鍋の「てっちり」を調理。刺身は薄く均一に切られているかなどが評価の対象となり、鍋は具材の盛り付けが問われた。

 矢野さんの刺身は見事に均一な薄さで、鍋は見た目の華やかさが高評価につながった。矢野さんは「お客様に出す時と同じ気持ちで臨んだ。名誉な賞を頂きとてもうれしい。この大会をきっかけにふぐ料理の普及につながるとともに、これからも腕を磨き、お客様に喜んでもらえる美味しい料理を出せるように精進していく」と話した。

 矢野さんは福岡県出身。高校を中退し、地元のふぐ料理などを出す店で住み込みで働いた。さらなる料理技術を学びたいと20歳の時、東京に来て銀座や赤坂の店で修行。そこから赤坂プリンスホテル、新横浜プリンスホテルの調理場で働き、39歳で同ホテルの和食料理長に就いた。

 その後、和食を身近な料理として気軽に味わってほしいという思いから2013年11月、厚木に同店をオープン。生涯現役をポリシーに、変わらず調理場に立つほか、講習会の講師を務めるなど、料理人育成にも力を注ぐ。

 なお、処理部門では山口県からの出場者が優勝した。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

厚木管内は搬送倍増

熱中症

厚木管内は搬送倍増 社会

エアコンなど対策を

8月12日号

SDGsパートナー設立

厚木市

SDGsパートナー設立 社会

第1期を募集開始

8月12日号

コロナ専用病床を拡大

厚木市立病院

コロナ専用病床を拡大 社会

感染者増加に対応

8月5日号

謎の土器主役に特別展

謎の土器主役に特別展 文化

あつぎ郷土博物館

8月5日号

全国大会出場へ

厚木清南高校定時制

全国大会出場へ スポーツ

サッカー・バドミントン部

7月29日号

地元からの贈り物

野球部に手作りリヤカー

地元からの贈り物 教育

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook