神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

独自ノートで途上国支援 ブルーベリーが給食に

社会

公開:2023年1月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
BlueberryHILLSあつぎの渡辺園主
BlueberryHILLSあつぎの渡辺園主

 厚木市上荻野のブルーベリー農園「BlueberryHILLSあつぎ」(渡辺豊園主)が2022年、SDGsプロジェクト「Blueberryハッピーサイクル」の活動として、全国の6農園で協力して開発途上国に給食5500食分の寄付を行った。渡辺園主は「ブルーベリーを通して世の中を良くする輪が広がれば」と話す。

 出版や広告関連の会社員だった渡辺園主が同園を開業したのは2021年。「食べて書いて楽しめるブルーベリー農園」として、オリジナルの「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」を活用している。

 味や見た目などを記録して自分だけの研究資料を作ることができるこのノートは1冊500円で販売され、1冊ごとに100円(給食5食分)がアジアやアフリカの開発途上国に寄付される。来園者がブルーベリー狩りを楽しむと共に、SDGs目標2「飢餓をゼロに」への取り組みとして、貧困で苦しむ人を支援する仕組みだ。

 21年の開園当初は同園のみの活動で500食分の寄付だったが、小学生の自由研究に活用されるなどノートのアイディアが注目されることで利用者が増え、22年は同園で1000食を寄付。さらに、愛知や大阪など全国から5つの農園が同プロジェクトに賛同し、年間で計5500食を寄付することができたという。

 ブルーベリーの収穫期は毎年6月から8月。今は休眠期だが、来シーズンも美味しいブルーベリーを収穫できるように、80種800本の木の花芽を管理している。渡辺園主は「農園同士が手を組むことで、一農園ではできない程の大きな寄付をすることができました。これからも活動に共感していただける農家さんと共に、『Blueberryハッピーサイクル』を広げていきたい」と話す。

「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」の記入例。味や見た目の違いなどをわかりやすく記録できる
「ブルーベリーが10倍おいしくなるノート」の記入例。味や見た目の違いなどをわかりやすく記録できる

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

特区でロボット開発

厚木座間綾瀬の4社

特区でロボット開発

実用化へ県も支援

6月30日

町内初の外国籍消防団

愛川町

町内初の外国籍消防団

災害時、母語で避難支援

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook