神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

本厚木駅 ホームドア設置完了 安全性が向上

社会

公開:2023年10月20日

  • X
  • LINE
  • hatena
初のロマンスカー対応ドア
初のロマンスカー対応ドア

 小田急電鉄(株)は、小田急線本厚木駅へのホームドアの設置工事をこのほど完了した。今年2月の下りホームに続き、9月30日から上りホームでも使用を始めた。県内同線では登戸駅に続き2番目。

 同社では、利用客の転落・電車との接触事故防止を目的に、2012年9月の新宿駅を皮切りにホームドアの設置を開始。代々木八幡、代々木上原など都内の駅で設置が完了する一方、県内では本厚木駅が2番目の設置となった。

 神奈川県内では、32年度までに相模大野駅・海老名駅・大和駅・藤沢駅など、計15駅にホームドアの設置をする予定。

 利用客の多い駅を優先的に進めるとしており、22年のデータで本厚木駅の利用客数は1日平均11万4922人。同社管轄の県内の駅では4番目の多さだ。

 国はホームドアの整備について、国、地方公共団体、鉄道事業者による三位一体の取り組みで進めて行くこととしており、厚木市も設置事業に補助金を交付。21年度が1000万円、22年度が1億2033万3千円、23年度が1241万2千円となっている。

初の大開口ドア

 本厚木駅に設置されたのは、小田急線では初となる特急ロマンスカーのドア位置に対応した「大開口ホームドア」。開口部分を最大限に広げることで、通勤車両と特急車両の扉位置の違いという課題を解消した。

 使用開始により市は「駅の安全性が向上する」とし、小田急電鉄(株)は「今後もより安全に、安心して鉄道をご利用いただけるよう、ホームドア整備を推進していく」としている。

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新たな歴史をスタート

厚木王子高等学校

新たな歴史をスタート

校章も発表

4月12日

市の支援で運行移管

コミュニティバス「森の里ぐるっと」

市の支援で運行移管

新車両も導入

4月12日

3D都市モデル公開

厚木市

3D都市モデル公開

ハザード情報などを共有

4月5日

指定管理に地元協同組合

清川村

指定管理に地元協同組合

宮ヶ瀬地区公共施設

4月5日

eスポの可能性に期待

厚木市

eスポの可能性に期待

市民参加交流会を初開催

3月29日

前人未到の審判生活50年

厚木市野球協会

前人未到の審判生活50年

三浦勝利さん(81)

3月29日

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook