神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

厚木市野球協会 前人未到の審判生活50年 三浦勝利さん(81)

スポーツ

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
ポーズを決める三浦さん
ポーズを決める三浦さん

 厚木市野球協会副会長の三浦勝利さん(及川在住・81歳)が同協会での審判生活50年を達成し3月17日、協会から表彰された。5度の傷病による休養を乗り越え、同協会では前人未到の記録。三浦さんは「85〜6歳までは続けたい」と意欲を示している。

 岩手県出身の三浦さんと野球との出会いはほろ苦いものだった。甲子園が憧れだった三浦さんは、意気揚々と地元の強豪高校の門を叩く。しかし部員数が多く身長160センチ前後だった三浦さんは、監督から「背が小さいし、とても通用しないだろうからほかに行け」と言われ夢叶わず。野球部は、1年時と3年時に甲子園に出場。「本当に悔しかった」と唇をかみしめる。

 しかし情熱は消えることなく、就職した企業とその後転職した警察で自らメンバーを集め野球部を創り、各大会で優勝するほどに成長した。

 警察官になりすぐ、交通警察隊に配属され厚木分駐所に勤務。当時、厚木市内には全国レベルの企業チームがいくつもあり、自らのチームとの試合を懇願。その試合に勝利し、再戦では敗れたものの試合内容は紙一重。そこで相手から「ぜひ厚木市野球協会に入ってほしい」と依頼され加盟が決まった。

 数年後転勤などでメンバーが集まらなくなり、協会を脱退することになったが、「せめて審判員としてだけでも残ってくれないか」と頼まれ、結婚を機に厚木市に住んでいた三浦さんらが審判員として残った。

5度の傷病乗り越え

 これまで警察官時代に2度半月板損傷、さらに60代と70代で2度脳梗塞を患ったが、都度リハビリも行い数カ月で復帰。近年腰痛手術を受けその影響で休んでいたが、このほどグラウンドに戻った。「何がそこまで突き動かすのか」の質問に、「根から野球が好きなんだろうね。あとは高校で野球ができなかった悔しさもあるかな」と笑う。

 審判としてのポリシーは、「信念をもったジャッジ」。特に勝敗を決するような場面での際どいボール判定は、より一層大きな声で「ボール!」と叫ぶ。「選手の将来を背負っていることを忘れてはならない」と自分に言い聞かせる。

 50年続いたことについて、「よく続いたな。よくケガや病気を克服して戻ってこれたな。気迫と根性をほめてやりたい」としみじみ。すぐさま「体が許す限り、最低でも85〜6歳までは続けたい。ルールを丁寧に人の心に通じる説明ができる審判になりたい」

あなたの街の植木屋さん ハロー・ガーデン

土日祝OK!見積り・出張費0円!1本からでも対応します!

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

新たな歴史をスタート

厚木王子高等学校

新たな歴史をスタート

校章も発表

4月12日

市の支援で運行移管

コミュニティバス「森の里ぐるっと」

市の支援で運行移管

新車両も導入

4月12日

3D都市モデル公開

厚木市

3D都市モデル公開

ハザード情報などを共有

4月5日

指定管理に地元協同組合

清川村

指定管理に地元協同組合

宮ヶ瀬地区公共施設

4月5日

eスポの可能性に期待

厚木市

eスポの可能性に期待

市民参加交流会を初開催

3月29日

前人未到の審判生活50年

厚木市野球協会

前人未到の審判生活50年

三浦勝利さん(81)

3月29日

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook