神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

市立病院 初の防水壁訓練 浸水想定しパネル190枚

社会

公開:2024年6月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
パネルを運んで固定する病院職員
パネルを運んで固定する病院職員

 厚木市立病院(水引)で、6月15日に職員による防水壁訓練が初めて実施された。同院の地域は河川氾濫の浸水想定が1・86mとされ、昨年度に6億2千万円で高さ2・1mの防水壁(延長404・6m)を整備した。

 災害拠点病院でもある同院は、地下には発電施設、1階の検査エリアにはMRIなどがあり、浸水への対策は防災面での重点項目となる。今回の訓練は防水壁の設置にかかる時間や人数の検証が目的だった。

 防水壁は金属製の柱を立て、樹脂製の板をはめこんで作る。この日は放射線技師や事務職の20人が、台車で倉庫から玄関を何度も往復した。4人がかりで1本の支柱を持ち上げると、スタッフからは「重い」の声が。計190枚のパネルをレバーを動かして1枚ずつ固定する仕組みで、職員のシャツにはみるみる汗がにじんだ。

 出入り口以外の防水壁が設置されると、玄関周りは薄暗くなった。当初は70分を想定していたが、かかったのは90分。病院には正面玄関のほか、救急入り口や職員玄関など出入り口が計9カ所あり、同様に防水板を設置する必要がある。

 長谷川節院長は「柱のネジ締めの強さなど難しさもあった。本番が来ないよう祈っているが、皆さんが頼もしく見えた」と語り、施設担当の職員は「役割分担など工夫が必要。意見を聞いて改善していく」と話した。

河川水位で判断

 設置に関するマニュアルでは相模川(相模大橋)や小鮎川(堺橋)が避難判断水位になった場合を目安としているが、台風などの状況を注視して柔軟に対応する方針。

 この日は河川の情報収集や、屋外に保管されている発電機や透析用材料の運び込みなどを想定した訓練も行われた。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

「希望の世界」描く

戸室在住島村進さん

「希望の世界」描く

認知症抱え初の絵画展

7月19日

ソフトテニスで全国5位

厚木北高平川さん

ソフトテニスで全国5位

プレー通用「証明できた」

7月19日

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook