伊勢原版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

伊勢原市 スマホ決済でポイント還元 12月に第2弾実施へ

経済

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena

 伊勢原市は、今年6月に実施して好評だった、キャッシュレス決済(スマートフォン決済)によるポイント還元事業の第2弾を、今年12月1日(水)から行う。

 同事業は、長引くコロナ禍で売り上げが減少した地域経済の消費活性化や、事業者と消費者のキャッシュレス決済の導入、定着の促進が主な目的。国の地方創生臨時交付金の活用を見込み、スマートフォン決済事業者に委託する。

 実施期間は12月1日(水)から28日(火)までだが、還元額が予算上限に達した場合、早期に終了することもある。市内の対象店舗でスマホ決済すると、最大25%がポイントとして還元される仕組み(上限額は、1回1000円、期間中5000円)。

 市は同事業費7900万円などを盛り込んだ、2021年度一般会計補正予算案を9月定例会に追加議案として提出し、10月5日の本会議最終日で可決された。

 今後は、10月中旬ごろまでに委託する決済事業者と契約し、加盟店を募集する。対象店舗は中小企業や飲食店(大手含む)。

 また、市民向けにキャッシュレス決済の使い方などを伝える無料の説明会を11月中旬ごろから実施する。

 市商工観光課の担当者は「しっかり周知をして対象店舗を増やしていきたい。この事業をきっかけにキャッシュレス決済をさらに推進していけたら」と話した。

 市では、PayPayと連携して今年6月に第1弾のポイント還元事業を実施。当初は6月1日から30日までを実施期間に予定していたが、予算上限に達することが見込まれたため期間を短縮し、18日間で事業を終了した。

伊勢原版のローカルニュース最新6

平均工賃が1年で倍増

CLOSE UP

平均工賃が1年で倍増 社会

就労継続支援B型 地域作業所ドリーム

11月26日号

日本の伝統文化を学ぶ

日本の伝統文化を学ぶ 文化

自修館の生徒が茶道体験

11月26日号

28日に素人落語大会

入場無料

28日に素人落語大会 文化

市民文化会館小ホール

11月26日号

東日本大会で3位

伊勢原クラブ

東日本大会で3位 スポーツ

中学生の選抜チーム

11月26日号

自宅療養者をサポート

秦野伊勢原医師会

自宅療養者をサポート 社会

「神奈川モデル」導入

11月26日号

笑顔溢れた2日間

笑顔溢れた2日間 社会

大句地区で文化祭

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook