横須賀版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

音訳ボランティア「はまゆうの会」代表で、10月から「広報よこすか」の音訳を担当する 島川 智子さん 湘南鷹取在住

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena

「声の情報」楽しんで

 ○…「必要とされる方が一人しかいなくても、要望がある限り続けたい」―。市の点字図書館を活動拠点に、雑誌や刊行物の音訳ボランティアを行う「はまゆうの会」。声の情報を発信し続けて40余年。来月からは、『広報よこすか』の音訳も担当する。

 ○…感情を込めるのではなく、正しく伝えることが第一。それでいて「相手がいるように語りかけることも大切」と、音訳の世界は奥が深い。日本語特有の間やアクセントにも気を遣うという。下読みや下調べを経て録音、校正や編集まで地道な作業だ。雑誌・書籍の音訳データ化だけでなく、老人施設の訪問朗読なども行う。音訳利用者との交流会で「あの声の人ね」と再会する喜びもある。声の個性も感じとる繊細さに驚く一方、「みなさん明朗快活で、こちらが活力をもらっている」。声の情報を頼りに生活する人に「音訳で選択肢を広げられれば」という想いを強くしている。

 ○…音訳に携わるきっかけは、意外にも「犬を飼ってみたい」と始めた盲導犬の飼育奉仕。「これから人のために役立とうとしている犬たちを見ていて、自分も何かできるかも」と、この世界に足を踏み入れて30年。ベテランの先輩に厳しく指導されながら、「自分では読まないような本を何回も声に出して読むんだから、根気強くなったかも」と笑う。パートや子育てと掛け持ちし、毎日点字図書館に通っていた時期も。「何事も継続ね」と話す声も、耳に心地よく響く。

 ○…目下の悩みは会の高齢化。声も年を取るのだ。会の継続はもちろん、読み手を育てることへの責任感がにじむ。常に顔は見えないけれど、「語りかける相手がいる限り、続けたい」と話す。地域の情報をピックアップし、CD1枚分にまとめた『月刊はまゆう』の発行も、もうすぐ500号。「地元の小さな情報を探すのは、大変だけど楽しい。人の声で伝える意義は、まだあると思うから」
 

横須賀版の人物風土記最新6

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

被ばく米兵の今

被ばく米兵の今

ベイサイド・ポケットで朗読劇

8月9日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク