横須賀版 掲載号:2017年9月1日号 エリアトップへ

県内中小企業の発展を支援する「かながわ産業Navi大賞」で特別賞を受賞した 森 経隆(つねたか)さん 池田町在住 44歳

掲載号:2017年9月1日号

  • LINE
  • hatena

時代の変化に順応

 ○…「猿島わかめ」と「かながわののり」を練り込んだこんにゃくの商品化とギフト展開。地産地消のユニークな発想が評価され受賞に至った。代々続くこんにゃくの味と、地物を組み合わせた新商品はできないものか―。最初は三浦のキャベツとのコラボレーションを図ったが、期間が限られてしまうため断念。そこで「年間を通して提供できる」条件を満たしたわかめとのりに注目した。

 ○…1944年創業の3代続く個人商店。現在は2代目の父と共に経営を進める。学生時代から店を手伝っていたこともあり「後を継ぐ以外にイメージが浮かばなかった」。高校卒業後は経営の基礎を学ぶため簿記の専門学校へ。その後、滋賀県にある父の知り合いの同業者のもとで2年間の修行を積み、森定商店の3代目として働き始めた。成長産業とは言えないこんにゃく市場で、新商品の開発やネット販売への着手など、市外への販路を拡大。同世代のパン屋、和菓子屋と共同で特製あんぱんを開発し評判を呼んだ。アイデアの独創性とチャレンジ精神によって生き残ってきた。

 ○…日頃の息抜きは父に連れられて始めたゴルフ。「コンペで異業種との接点を持つことができる」と仕事以外で関係を作るコツなども2代目から教えられている。現在は妻と息子の3人暮らし。休みの日は旅行やキャンプなどアクティブに過ごす。「全力で遊ぶことの大切さも息子に教えてやりたい」と一人の父親としての顔をのぞかせる。

 ○…中学3年の息子は父の働く姿を見てか「お店を継ぎたい」と話している。周りの個人商店が跡継ぎ不足で店をたたんでいく中、4代目を志す息子の言葉に安堵。それと同時にプレッシャーも感じている。「息子の代までお店を残しておかなければ」。現在も地元レストランや農家とのコラボを企画中。こんにゃくの新たな可能性を追求する父親の姿が息子の心を突き動かしたのかもしれない。

横須賀版の人物風土記最新6

田中 孝一さん

「横須賀市民40万人を、ブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に、英会話普及活動を展開する

田中 孝一さん

ハイランド在住 30歳

3月20日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

野比出身 18歳

3月13日号

柳川 優平さん

全国大会出場を決めた「横須賀ヤングビッグナイン」の監督を務める

柳川 優平さん

三浦市在住 36歳

3月6日号

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

女流義太夫の三味線方、3月7日に市内で演奏会を開く

鶴澤 津賀花(つがはな)さん

大津町在住 

2月28日号

山本 佳依(かい)さん

男子ソフトボール「U-18」代表メンバーとして今月22日からの世界大会に出場する

山本 佳依(かい)さん

野比在住 18歳

2月21日号

倉本 奈菜さん

「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、コミュニティーの活性化に取り組む

倉本 奈菜さん

汐入町在住 24歳

2月14日号

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク