横須賀版 掲載号:2019年2月8日号 エリアトップへ

初の全国大会出場を決めた武山ミニバスケットボールクラブを指揮する 中村 優仁さん 武在住 25歳

掲載号:2019年2月8日号

  • LINE
  • hatena

「感謝の心」育む場所に

 ○…1月に開かれたミニバスの県大会決勝で横浜市のクラブに勝利し、チーム史上初の全国出場を決めた。「ここを目標にして、選手も指導者も日々取り組んできた。結果が出てうれしい」と笑顔がこぼれる。

 ○…自身も武山ミニバスの出身。友人の練習についていき気づけば自分もコートの中に。小学4年の時、下級生以下が出場する大会で、強豪の「鶴久保コスモス」と対戦。到底敵う相手ではないと思っていたが、ふたを開ければ1点差での惜敗。「自分たちでもやれる。負けたくないという思いが強くなった」。遊びの延長から競技としてのバスケに変わった瞬間だった。中学、高校と部活に明け暮れた。

 ○…大学時代から時々チームの練習を手伝ってはいたものの、指導者になるつもりはなかった。それでも、自分が小学生の時からお世話になっている監督から「優仁がいいんじゃないか」と推してもらった。「自分の経験になる。恩返しもしたかった」と2年前にヘッドコーチに就任。現在は野比小で教鞭を執りながら、チームの指揮官としても子どもたちと向き合う。「考えることが多く大変だが、やりがいには代えられない」。昨年8月の横須賀地区大会で男女ともに優勝。恩師から「俺の夢を叶えてくれてありがとう」と言葉をもらい「思わず涙が出た」

 ○…「小学生は人間性ができあがる期間。楽しいだけでなく、厳しさも必要」。あいさつやマナー、そして周囲への感謝の気持ち。できていないことは容赦なく叱る。競技を通じて人としての基礎を築くこともコーチとしての役割だ。それは自分が今まで出会ってきた指導者に同じようにしてきてもらったこと。その思いは恩師から自分へ、そして子どもたちへと引き継いでいく。

横須賀版の人物風土記最新6

鷲尾 精一さん

横須賀に本店を置く湘南信用金庫の新理事長に就いた

鷲尾 精一さん

浦賀在住 57歳

7月3日号

高梨 喜裕さん

公認会計士、税理士で、独自にコロナ対策の融資・助成金申請の支援を行う

高梨 喜裕さん

大滝町在勤 42歳

6月26日号

三浦 麻矢さん

クラウドファンディングを立ち上げた「あすなろ学苑」で苑長を務める

三浦 麻矢さん

小矢部在勤 47歳

6月19日号

堀込 孝繁さん

6月3日に発刊された『ペリー来航始末記』の協同執筆者のひとり

堀込 孝繁さん

西逸見町在住 68歳

6月12日号

田中 孝一さん

「横須賀市民40万人を、ブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に、英会話普及活動を展開する

田中 孝一さん

ハイランド在住 30歳

3月20日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

野比出身 18歳

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク