横須賀版 掲載号:2019年12月13日号 エリアトップへ

公立保育園再編実施計画 追浜・久里浜に「認定こども園」 3園が民営化に移行

教育

掲載号:2019年12月13日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市は、市内に11園ある公立保育園の再編実施計画の素案を開催中の12月議会で報告した。定員の拡充や多様な保育ニーズへの対応を図るもので、認定こども園に関しては、既に計画が進められている中央地区のほか、追浜と久里浜地区にも開設する。

 市では、2008年に「公立保育園再編計画」を策定。その後、15年にはその「実施計画」を定め、「認定こども園」の設置などを含めた新たな事業を進めていた。その軸になっているのが、鶴が丘・上町保育園を統合した(仮称)中央こども園の開設。これに関しては、用地取得に時間がかかり整備開始時期が遅れており、今年に入ってようやく小川町の横須賀市職員厚生会館をリノベーションして設置することが決まった。当初、今年度中の開園予定だったが22年度とずれこんでいる。こうした状況と昨年11月に市内で実施した保育ニーズ調査をもとに、改めて再編実施計画を策定した。

逸見保育園を民営化

 保育園と幼稚園の役割を併せ持つ「認定こども園」に関しては、中央のほか、2地区に開設する。追浜では同地区内に園舎を新築し、追浜保育園を(仮称)北こども園に移行、久里浜では森崎・ハイランド保育園を統合して(仮称)南こども園を整備する。具体的には、北こども園は24年度、南こども園は22年度に基本設計に入る計画となっている。

 また、運営費の効率化において、船越・田浦・逸見保育園については民間事業者に運営を移行。既に逸見保育園は21年4月からの民営化が決まっている。公立園は民間(私立)保育園と比べて運営費が1人あたり1万5千円ほど高いため、民営化することでこれを削減する考え。運営効率化により生まれた財源については、施設整備や待機児童対策・職員の資質向上などの経費に充てるという。今回、これに該当しない鴨居・津久井・武山保育園に関しては、当面は現状の運営を継続する方針だという。

老朽化の懸念も

 市内の公立園は1970〜80年代竣工の施設がほとんどで、老朽化という問題も抱えている。鴨居保育園は9月の台風15号で園舎の屋根などが損壊。来年度中を目途に、隣接する用地に建て替えすることになった。他の園も竣工から40年超で「早急な打開策が必要」との声もあるが、今後の施設管理について担当課は「園児の数や近隣園などの状況を見ながら、運営方法も含めて判断したい」と話している。

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

12月20日~31日まで毎日営業! 28日~31日は午前8時開店!!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

郷土の歴史楽しく理解

浦賀奉行所開設300年

郷土の歴史楽しく理解 文化

周年イヤー突入祝うイベント

1月17日号

IoTでお得情報発信

衣笠仲通り商店街

IoTでお得情報発信 社会

モニター設置し実証実験

1月17日号

新成人4610人が門出

新成人4610人が門出 社会

中長期で大幅減少

1月10日号

生産者つなぐ交流スペースに

市役所旧地下食堂

生産者つなぐ交流スペースに 経済

市内事業者が加工場新設

1月10日号

「エンタメ」が活力を牽引

新春市長インタビュー

「エンタメ」が活力を牽引 社会

経済の果実を福祉に環流

1月1日号

再オープンは4月下旬

旧ショッパーズ

再オープンは4月下旬 経済

シネコンやブックカフェも

1月1日号

高校教育でじわり浸透

高校教育でじわり浸透 教育

課題研究や実習の題材に

1月1日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月19日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「努力を続ける方法論」

「努力を続ける方法論」

弁護士の山口真由氏が講演

2月17日~2月17日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク