横須賀版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

(株)富士防 修繕工事現場に女性目線 コンシェルジュが居住者対応

経済

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県内に拠点を持つ企業等で女性が開発に貢献したモノ・サービスの中から、優れた商品を県が認定する「なでしこブランド」。今年度の選定で、マンションやビルの大規模修繕を手掛ける株式会社富士防(森崎)の「なでしこ現場コンシェルジュ」が認定を受けた。

県の「なでしこブランド」認定

 同社では、数年前から工事や作業の現場で、女性目線のサービスに取り組んでいる。

 修繕工事が行われる日中は女性や子どもの在宅が多いが、作業をするのは男性の職人という業界で、足場周辺や工事事務所の清掃、居住者のプライバシーなどの気配りができているか―といった女性社員の声から一昨年、「現場環境パトロール」が誕生。昨年「なでしこブランド」に認定された。これに続くのが「現場コンシェルジュ」だ。

 大規模マンションでは修繕工事に数カ月かかり、現場事務所を設置することが多く、ここに常駐するのが女性の「コンシェルジュ」の役割。工事に関する知識を持ち、住民からの問い合わせなどに対応する。女性社員からの「居住者にもっと寄り添えないか」との提案から生まれたもので、「現場でどう説明すれば伝わるのか、居住者目線で仕事を考えるようになった」と萩原綾香さん。大澤友梨さんは「女性が常駐しているので相談しやすく安心、と声を掛けられた」という。

 コンシェルジュになるには秘書検定2級以上の取得などが条件。洗濯物干し情報や網戸の取り外し相談、子どもを対象に工事周辺の注意点を説明する場を設けるなど、きめ細かい対応で「現場事務所のイメージが変わったと言われた」と西尾美里さん。石橋都さんは「ここでの仕事がスキルアップにつながっている」、兵藤愛さんは「常駐することで仕事の視野も広がった」と話す。同社では経産省による「おもてなし規格認証」も取得。現場対応の質向上に力を入れている。

 同社の女性社員の割合は全社員160人中47人と同業他社の中でも高い割合。事務統括本部担当者は「女性が積極的に現場に関わり、気付きをフィードバックしてくれている。この目線を今後も活かしてほしい」と期待を示した。

 2月1日(土)には、横浜市内で県による認定式と事業PRが行われる。

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

特産品化に一歩前進

相模のとらふぐ

特産品化に一歩前進 経済

「かながわブランド」新規登録

11月26日号

4%の難関 69歳で突破

小矢部在住安東さん

4%の難関 69歳で突破 社会

司法書士試験、4回目の挑戦で

11月26日号

20年ぶり関東制覇

横須賀シーガルズ

20年ぶり関東制覇 スポーツ

女子サッカー頂点めざし全国へ

11月19日号

認知症予防の拠点整備

神奈川歯科大

認知症予防の拠点整備 社会

構内の「赤レンガ倉庫」活用

11月19日号

450年の歴史 後世へ繋ぐ

若松町諏訪神社

450年の歴史 後世へ繋ぐ 文化

社殿屋根改修 奉賛金募る

11月12日号

ヴェルニー公園に展示

戦艦陸奥主砲弾

ヴェルニー公園に展示 社会

モノづくりの精神と技術伝承

11月12日号

横須賀市三春町4-1-10

「スカエネ」で太陽光発電を0円で設置

https://sanei-e.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook