横須賀版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

現代美術作家で熱海市まちおこしのキーマンとして活動する 戸井田 雄さん 東逸見町出身 38歳

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena

アートで多様な価値創出

 ○…横須賀から西へ約80Km。湯気が立ち上る風光明媚な温泉地、熱海がある。デザイン会社「混流温泉」代表として、イラストレーターである妻とともに、アートイベントや商業施設ディスプレイを手掛け、昭和風情を色濃く残す街に新風を吹き込んでいる。現地では”熱海再生の立役者”とも呼ばれ、「アーティストが点在することで、面白い景色を広げたい」と息を弾ませる。

 ○…東逸見町生まれ。物心ついた頃から絵を描くのが好きだった。モノづくりへの飽くなき探求心を携え、横須賀高校から武蔵野美術大学に進学。建築や環境学を学んだ。大学院修了後、教育ベンチャー企業で産学連携企画を担当した後、美術作家として活動に専念。時間や場所をテーマにした空間芸術を主軸に「刻まれた記憶の全てが愛おしい」と空き家に残された傷跡を蓄光塗料で表現した。愛知トリエンナーレなどにも出展。活動の幅を広げていった。

 ○…作品制作の依頼は国や自治体からの地域活性化を目的としたものが多かった。「ただ展覧会は一時的で、ずっと地域にアートが残る訳ではない。それなら自分から歩み寄ろう」。数多ある土地に足を踏み入れ、海と山が共存する故郷の横須賀と似た熱海に惹かれて移住。一昨年、割箸屋を改装した「ナギサウラ」をオープンさせ、アーティストを受け入れる環境づくりに汗を流す。

 ○…古くから築き上げられた文化を今までにない動きにシフトするのにはさまざまな評に晒されることもある。そんな時はビーチや温泉でひと休み。今では街の誇りと喜びを分かち合う仲間もできた。「コンパクトながら人も歴史もディープな熱海で、アートを通じて多様な価値観を受け入れる場を創出して、全国に波及させたい」

横須賀版の人物風土記最新6

石井 健次さん

横須賀市産業振興財団の職員として、起業・創業支援の事業を手掛ける

石井 健次さん

市内在勤 41歳

12月3日号

漆山 晃(ひかる)さん

「相模のとらふぐ」のブランド化を推進する漁師グループで会長を務める

漆山 晃(ひかる)さん

長井在住 50歳

11月26日号

荒井 一穂さん

クラシックギタリストで11月28日にソロリサイタルを行う

荒井 一穂さん

野比出身 30歳

11月19日号

北見 雅則さん

ご当地カクテル「横須賀ブラジャー」が10周年を迎えた若松新生商業組合長の

北見 雅則さん

市内在勤 67歳

11月12日号

相澤 勉さん

令和3年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた鴨居中学校PTAで会長を務める

相澤 勉さん

東浦賀在住 38歳

11月5日号

戸井田 雄さん

現代美術作家で熱海市まちおこしのキーマンとして活動する

戸井田 雄さん

東逸見町出身 38歳

10月29日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook