逗子・葉山版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

第61代逗子市議会議長に就任した 菊池 俊一さん 逗子市桜山在住 46歳

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena

活発な議論、一層推進を

 ○…初のかじ取り役への就任に「重責を担った。緊張感を持って臨む」と襟元を正す。これまで2度の副議長や議会運営委員長などを歴任してきた。現市議会について「議員一人ひとりが意見を持って議論できる土壌がある」とみる。時に喧々諤々と議論を交わし、市民の声を市政に届けることこそ議員の本分。「そうした活発な議論を削ぐことなく、議長として推進したい」。議会の「見える化」を目的としたIT改革や行政視察にも意欲をにじませる。

 ○…中学1年生のときの経験が政治に関心を持ったきっかけ。当時、米軍家族住宅地区の住宅建設問題で民意が2分された真っ只中。教師にすら「容認派か、反対派か」と色分けされる異様な光景に疑問を感じた。「色々な意見があるはずなのに、なぜ2つに分けるんだろう。他に方法はないのか」。以来、池子問題は記憶の根底にあり続けた。その後会社勤めを経て、国会議員の秘書として政治の世界へ。行政との折衝や住民の声の届け先など、政治家としてのいろはを学んだ。

 ○…「サイレント・マジョリティー(静かなる多数派)の代表者たれ」が政治家としてのモットー。積極的に発言こそしなくとも、住民大多数の声なき声がある。その理念のもと、議会では取り分け市の対応を厳しく質してきた。自らを「海岸議員」と称し、クラブ化で治安や風紀の乱れが社会問題化していた逗子海岸の改善に率先して取り組んできたのもそんな理由からだ。

 ○…日本一厳しい条例が施行されて2年。「家族の海」を旗印に逗子海岸は健全化に向かっている。これまでは住民と組合の対立構造が際立ったが、「今は組合も地元が何を求めているか努めて理解してくれている」と評価。今夏両者の信頼関係が築けるかが鍵と考えている。こだわってきた海との今後の関わり方を問うとこう返した。「今年は心配しないで楽しみたい。自分が心から楽しめたら、家族の海も本物だと思うんです」

逗子・葉山版の人物風土記最新6

豊岡 美枝さん

ウインドサーフィンの世界選手権で準優勝した

豊岡 美枝さん

逗子市在住 50歳

11月15日号

豊岡 誠司さん

丸太からアウトリガーカヌー作りに挑戦している

豊岡 誠司さん

逗子市在住 54歳

11月1日号

長峰 宏治さん

逗子市内で様々な企画をプロデュースしている

長峰 宏治さん

逗子市在住 46歳

10月18日号

清岡 優子さん

バイオリニストで「デュオハヤシ国際コンクール」で優勝した

清岡 優子さん

逗子市久木在住 37歳

10月4日号

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク