逗子・葉山版 掲載号:2017年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

一般社団法人「逗子葉山青年会議所」の第54代理事長に就任した 渡辺 理紗さん 逗子市逗子在住 35歳

地域のポテンシャル発掘

 ○…40歳以下の青年経済人が組織するまちづくり団体、青年会議所(JC)。女性としては14年ぶりに逗子葉山地区のリーダーに就いた。「先輩が築き上げてきたものをしっかりと引き継ぎたい」と初のかじ取り役に意欲をにじませる。掲げるスローガンは「愛〜Amore(アモーレ)」。まちづくりに携わるとき、地域を、他者を誠実に思いやる。重視するのはJC活動に限らず、いわば人が生きる上での原点を見つめ直すことだ。

 ○…「このまちを良くしたい」。最初からそんな大志を抱いた訳ではなかった。東日本大震災の年にOBの勧めで入会。復興支援で仲間とともに度々被災地に赴く中で、「自分たちに何ができるのか」を自然と考えるようになった。それまでどこか距離感のあった復興支援が「自分事」になり、その視点は生まれ育ったまちにも向くように。地域には産業が乏しく、昼間(ちゅうかん)人口が少ない。そうした中でどう賑わいを生み出していくか。若い世帯が増える中で子どもの遊び場が足りなくはないか。目をやれば、足元にも取り組むべき課題がある。いつしかそれらも他人事ではなくなった。

 ○…逗子駅前のイタリア料理店「イル・ノンノ」の店舗責任者で一児の母でもある。家事と仕事を両立し、合間を縫ってJC活動にもいそしむ。「最初は大変だったけど、鍛えられました」と笑う。この春には独立し、逗子で新たな飲食店の開業も控えている。「小さいながらに地元の人が憩える場を作れたら」

 ○…今年度特に力を入れて取り組みたいのが地域ブランディング。「日本ヨット発祥の地、葉山」など海を切り口にした事業は多く行われてきた。一方で池子の森自然公園の開園に伴う国際交流など、逗子葉山ならではの魅力を全国に発信する可能性はまだ眠っていると見る。それらを行政や地域の企業と連携し、宝として価値を見出していくこと。それが新たなまちづくりの創造に繋がると考えている。

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

金子 昌司さん

ニホンミツバチの養蜂を通じ、葉山の環境改善に取り組む

金子 昌司さん

9月7日号

森 幸夫さん

逗子、葉山、鎌倉の2市1町を管轄する鎌倉税務署長に就任した

森 幸夫さん

8月24日号

堤崎 良子さん

徳之島の特産品を扱う「島の八百屋さん」を営む

堤崎 良子さん

8月3日号

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

岸田 朋子さん

7月6日に開かれる逗子創業セミナーでモデレーターを務める

岸田 朋子さん

6月22日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月7日号

お問い合わせ

外部リンク