逗子・葉山版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

上山口小伊東くん ソフト日本代表に選出 3月下旬、国際大会出場へ

スポーツ

大会に向け意気込みを語る伊東くん(=4日、木古庭)
大会に向け意気込みを語る伊東くん(=4日、木古庭)
 葉山町のソフトボールチーム「木古庭ファイターズ」に所属する伊東洸佑(こうすけ)くん(12)=上山口小6年=が、今月25、26日に豪シドニーで開催される国際親善大会の小学生日本代表メンバーに選ばれた。大舞台を前に「体格は外国人選手の方が上かもしれないけど、気持ちで相手を上回りたい」と意気込んでいる。

 伊東くんは昨年8月、県少年ソフトボール連盟横須賀支部の選抜選手として、滋賀県で行われた全国大会に出場。試合でのプレーが評価され、初めて日本代表28人のひとりに選ばれた。「自分を高く評価してもらえたことは嬉しい。海外の選手と試合をするのが楽しみ」と笑みを浮かべる。

 ポジションは2塁手。身長143センチと小柄ながら、木古庭ファイターズでは3番打者を務める。三堀明洋監督は「体の大きい選手と変わらないくらいの長打力がある。攻守両面で、同世代の中では群を抜いている存在」と太鼓判を押す。

 5歳のときにソフトボールを始め、小学2年生のときには高学年に混ざってレギュラー入りを果たした伊東くん。守備ではミスが少なく、攻撃でも起点になることが多いといい、今ではチームの柱に成長した。「研究熱心で、野球をよく理解している。いつも通りのプレーができれば、国際大会でもチームを引っ張っていけると思う」と三堀監督は期待する。

 伊東くんは23日に「日本小学生国際親善ソフトボール団」の一員として、日本を出発。25と26の両日、現地のチームと対戦する。

 「夢はプロ野球選手になって、日本代表選手として世界大会に出場すること。外国の選手がどんな野球をするのか、今回の経験を糧にしたい」。熱い闘志を胸に、初の国際大会に臨む。

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

「はれのひ」 被害者を支援

逗子の老舗着物店

「はれのひ」 被害者を支援

2月9日号

福祉・教育面に重点

葉山町予算案

福祉・教育面に重点

2月9日号

生ごみ資源化施設に再整備

葉山町クリーンセンター

生ごみ資源化施設に再整備

1月26日号

逗子市に110万円賠償命令

横浜地裁横須賀支部

逗子市に110万円賠償命令

1月26日号

消防活動にドローン活用

いのち輝く社会 実現を

黒岩知事インタビュー

いのち輝く社会 実現を

1月12日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク