逗子・葉山版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

第46代葉山町議会議長に就任した 伊東 圭介さん 葉山町木古庭在住 49歳

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

葉山らしい改革推進を

 ○…町議として信任を得て現在5期目。初のかじ取り役への就任に「多くの同僚議員から支持をいただいた。重責を感じている」と心境を語る。方針として開口一番あげたのは、議会改革の推進。施行から8年が経過する議会基本条例の見直しや、同議会が2年間検討を重ねてきたICT化の結実にも意欲を覗かせる。「議会改革は永遠のテーマ。葉山らしい改革をしっかりと引き継いでいきたい」

 ○…地方議会の基本原則を定める議会基本条例見直しの背景には、昨年2月の騒動がある。現職町議が覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕。異例の事態は全国的に報じられ、町に衝撃が走った。町議会としては失職処分を下したものの、県の裁定で無効に。その後公選法による身分保障の壁が、解決の決定打を打ち出せない現実を浮き彫りにさせた。政治倫理条例を含む基本条例見直しはその予防線。「上位法はあるが、二度と同じ事があってはならない。町民皆様の信頼回復が第一」。具体策として、改選後、当選者に条例順守の誓約書を求めたり、長期欠席した場合の報酬見直しを例示する。

 ○…白球を追いかけた高校時代。当時逗葉高校は関東屈指の強豪で、桑田や清原といった同世代のスター選手に負けじと甲子園を夢見た。結局聖地を踏むことは叶わず、大学卒業後は体育教師に。高校野球の指導者になる道を目指していたがその最中、町議だった父が病で他界。夢をとるか父の務めを継ぐか悩み抜いた末、周囲の後押しで出馬し、31歳で初当選を果たした。

 ○…少子高齢化に伴う人口減少は今や全国的な課題。人口減は税収にも直結する。移住を呼び込む自治体間競争もすでに始まっており、町も葉山の魅力を発信するPR事業に力を注ぐ。若年層にいかに訴求できるかは今後大きな鍵。「古いものだけでなく、新しいものも取り入れる気質は葉山の良さ。議会も行政と立場は違えど、葉山の魅力をより多くの伝えていきたい」

逗子・葉山版の人物風土記最新6

浅野 悦子さん

「とげとげ。」の名で漫画家・イラストレーターとして活躍する

浅野 悦子さん

葉山町在住 40歳

3月6日号

阿久津 芳枝さん

プロダクトブランド「kaasuns」を立ち上げた

阿久津 芳枝さん

逗子市在住 39歳

2月21日号

水垣 偉弥(たけや)さん

プロの総合格闘家で今月28日に講演する

水垣 偉弥(たけや)さん

葉山町在住 36歳

2月7日号

鈴木 達也さん

設立100周年を迎えた葉山警察署の署長を務める

鈴木 達也さん

葉山町在住 56歳

1月24日号

森村 佳生さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所(逗子葉山JC)の第57代理事長に就任した

森村 佳生さん

逗子市沼間在住 38歳

1月10日号

大下 利栄子さん

ユニバーサル絵本を製作する活動で内閣総理大臣表彰を受けた

大下 利栄子さん

葉山町在住  59歳

12月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク