逗子・葉山版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

桜山在住加賀選手 国際大会Vに貢献 女子ブラインドサッカーで

スポーツ

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 このほど、オーストリア・ウィーンで開催された視覚障害者によるブラインドサッカーの女子国際大会に、桜山在住の加賀美和子選手(37)が日本代表として出場し、チームの初優勝に貢献した。12日には逗子市役所を訪れ、平井竜一市長に優勝を報告。今大会を振り返るとともに今後の活躍を誓った。

「競技普及の一助に」

 ブラインドサッカーはフットサルのルールを基にした5人制競技。ゴールキーパー以外はアイマスクを着用し、転がると音が出る独自のボールを使用する。男子はパラリンピックの正式種目や国際選手権などがあるが、女子選手の部門はなく、国際大会は今回が初。加賀さんは初代代表選手8人のひとりとしてピッチに立った。

 世界16カ国から75人が参加した大会では4チームが編成され、日本は全勝で予選を通過。上位2チームの決勝戦でも選抜チームを相手に1-0で完勝した。計2試合に出場した加賀選手は「自分では1点も決めることができなかったので、まだまだ練習が必要。皆に助けられて優勝することができました」と報告。今後に向けては「まずは自分がドリブルをして、点を獲れるようになりたい」と抱負を語った。平井市長は「将来的にはパラリンピックの金メダルを目指して頑張ってほしい。今後の活躍も期待しています」とエールを送った。

 女子ブラインドサッカーの競技人口は全国でも少なく、女子の単独チームがないため選手のほとんどが普段は男子チームに混ざってプレーしている。加賀選手も4年前から横浜のチームに参加。仕事がない週末を中心に毎週練習を重ねている。「競技を知っている人はまだ少ない。今回の優勝で、同じ障害を持つ小中学生の子が訪ねてきてくれたら嬉しい」と笑顔を見せた。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6

東京五輪代表に内定

逗子市在住畑山さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

「空飛ぶヨット」でメダル目指す

3月20日号

副町長に県会計局長

葉山町

副町長に県会計局長 政治

今後の大型事業見据え

3月20日号

休校措置に子育て世帯苦慮

新型コロナ

休校措置に子育て世帯苦慮 社会

食で応援の輪 広がる

3月6日号

財政対策前倒し終了

逗子市予算案

財政対策前倒し終了 経済

事業縮小や削減継続

2月21日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

PCの回収 宅配便で

葉山町

PCの回収 宅配便で 社会

専門事業者と協定

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月20日号

お問い合わせ

外部リンク