逗子・葉山版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • はてぶ

トモイクフェスティバルで講座「元タカラジェンヌから教わる!美しい所作」を開く 山田 奈津子さん 逗子市久木在住 35歳

日本舞踊の可能性切り開く

 ○…元タカラジェンヌで日本舞踊の師範。そんな経歴を生かして、「はんな」の名前で伝統芸のエッセンスをカジュアルに学べる教室「和美道はんなや」を主宰している。これまでの受講者は幼稚園児から60代までと幅広い。「子どもに和の文化を伝えるのはもちろん、全身に意識を張り巡らせて体を動かすので、高齢の方のアンチエイジングにもピッタリなんですよ」と笑顔で語る。

 ○…川崎市出身。3歳でバレエ、5歳で日本舞踊を始め、高校1年の春に宝塚音楽学校へ入学した。2001年に念願の宝塚歌劇団へ入団。花組に所属し、6年間にわたりエリザベートやベルサイユのばら、ファントム(オペラ座の怪人)などに出演した。退団後は飲食店での勤務やOL生活を楽しんだ。

 ○…ただ、芸からきっぱりと離れたわけではなかった。この時期に改めて自分の根底となる日本舞踊を学び直し、師範の資格を取得。その後、芸能関係の仕事をこなしつつ、11年から自宅のリビングで教室を始めた。「実は堅苦しいものは嫌いなんです」と語るように海外のポップソングや映画、アニメのサントラを和楽器でアレンジした曲に合わせて踊ることもあるという。「美しさを追求する宝塚と女性を美しく見せる所作を日舞で学んだ自分だからこそできることがあるはず」。形式にとらわれない自由な発想とポジティブな姿勢が、自然と人を引き付ける。

 ○…プロセーラーである夫との結婚を機に4年前、逗子へ移り住んだ。3歳になる長男がいるが「子育てするにはぴったり」と豊かな自然や程よい街の規模が気に入っているようだ。仕事に子育てに忙しい日々を過ごすが、定期的に舞台を見るなど勉強は欠かさない。「将来、バレエやフラダンス、ヨガを習うように、多くの人が親しむようになれば」。敷居が高いと思われがちな日本舞踊の可能性を、自分なりの方法で切り開いていく。

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

中西 豪さん

起業家で逗子葉山ベンチャー協会を立ち上げた

中西 豪さん

10月19日号

尾崎 元彦さん

「ゲンズブルー」の名でウクレレプレーヤーとして活躍する

尾崎 元彦さん

10月5日号

吉田 雅南子さん

史上最年長42歳でプロサーファーになった

吉田 雅南子さん

9月21日号

金子 昌司さん

ニホンミツバチの養蜂を通じ、葉山の環境改善に取り組む

金子 昌司さん

9月7日号

森 幸夫さん

逗子、葉山、鎌倉の2市1町を管轄する鎌倉税務署長に就任した

森 幸夫さん

8月24日号

堤崎 良子さん

徳之島の特産品を扱う「島の八百屋さん」を営む

堤崎 良子さん

8月3日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク