逗子・葉山版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

第30回横浜食肉市場ミートフェアで最高位の「名誉賞」を受賞した 三留 学さん 葉山町上山口在住 42歳

葉山牛の魅力広めていく

 ○…「第30回横浜食肉市場ミートフェア」で最高位の名誉賞を受賞した。同市場に出荷する全国約100の牧場が自慢の1頭を持ち寄り、行われるこの催し。「名誉賞は今回が初めて。受賞を聞いた時はとても嬉しかった」と笑顔で語る。

 ○…横須賀市出身。もともと大工だったが、結婚を機に妻の実家である三留牧場へ。「不安よりは面白そうという気持ちの方が大きかった。それまでの仕事の経験も生かせると思った」と振り返る。その言葉通り、牛舎を自ら建てるなど、その職能をいかんなく発揮しながら、義父から畜産のイロハを学んでいった。

 ○…常時約180頭を肥育している。北海道や宮城県から子牛を買い付け、約30カ月育てた後で出荷している。牛がストレスなく過ごせるよう環境を整えるのはもちろん、特にこだわっているのが飼料。義父から教わったおからやビールかすを混ぜた自家配合飼料を朝晩2回与えており、食味がよく脂のしつこさがない「葉山牛らしさ」につながっている。また、肉の格付けにおいてどれだけ上質なものが占めているかをみる「上物率」では、全国平均75%を大きく上回る98%を保っている。良い牛をどれだけ安定的に出荷できるかが工夫しがいのある点だという。「育て方ひとつで肉質は一変してしまう。食べた人に美味しいと言ってもらうことが供養にも繋がると思うんです」

 ○…朝晩の餌やりから体調管理、設備のメンテナンスなどほぼ全てを1人で行なっており、「基本的に休みはない」と苦笑い。昔熱中したジェットスキーやスノーボードを再開するのはもう少し先になりそうだ。それでも「やればやるほど結果につながる終わりのない世界。葉山牛の魅力を多くの人に広めたい」と充実した表情で語った。

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

尾崎 元彦さん

「ゲンズブルー」の名でウクレレプレーヤーとして活躍する

尾崎 元彦さん

10月5日号

吉田 雅南子さん

史上最年長42歳でプロサーファーになった

吉田 雅南子さん

9月21日号

金子 昌司さん

ニホンミツバチの養蜂を通じ、葉山の環境改善に取り組む

金子 昌司さん

9月7日号

森 幸夫さん

逗子、葉山、鎌倉の2市1町を管轄する鎌倉税務署長に就任した

森 幸夫さん

8月24日号

堤崎 良子さん

徳之島の特産品を扱う「島の八百屋さん」を営む

堤崎 良子さん

8月3日号

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク