逗子・葉山版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

コワーキングスペース 夢持つ学生へ「自由に使って」 人数限定で無料提供

社会

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
中西さんとDoerの室内。働き方や仕事内容も様々な人たちが集まる
中西さんとDoerの室内。働き方や仕事内容も様々な人たちが集まる

 起業や創作、地域イベントの企画などを行う高校生や大学生に活動の場を提供しようと、逗子市内のコワーキングスペースが卒業まで無料で使えるパスを提供する。現在、応募を受け付けており、関係者は「お互い刺激しあい、地域にも良い影響が生まれたら」と期待を寄せる。

 今回、企画したのはJR逗子駅近くでコワーキングスペースDoer(ドゥアー)を運営する中西豪さん(桜山在住)。

 中西さんは都内の不動産会社に10年間勤めた後、独立。現在は逗子を拠点にDoerの運営やコンサルティング事業などを行っている。

 企画したきっかけは、今年の10月、県立逗子高校が地域連携教育の一環で行っている「地域インタビュー」へ協力したことだった。生徒たちが地元で活躍する社会人に仕事の大変さや、やりがいを聞くなか、中西さんが同じ質問をすると「やりたいことだけではなく、好きなこともない」という言葉にショックを受けたという。「これからは技術で世の中を変えていく時代。不平・不満ばかり言う『消費者』ではなく、社会を自ら変え、創造する『実行者』になってほしい」と人数を限定し、無料でスペースを提供することを発案した。「何かを実現したいと思っている人はぜひ、応募してください」と呼びかけている。

 逗子葉山に在住、在学の高校生(3人)と大学生や専門学校生等(3人)が対象。勉強のための場ではなく、被災地支援や地域活動、起業など社会的、創造的な活動をする場としての利用が条件。期間は所属する学校を卒業するまで。

 場所は逗子市逗子1の5の21第2菊池ビル3階(マクドナルド裏、1階が洋菓子店)。希望者は来年1月末までに氏名、年齢、「現在実行していること」もしくは「実行したいこと」をまとめ、【メール】info@rebranding.tokyoへ。詳細は【携帯電話】050・5327・7606中西さんへ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

今夏に事業者決定

葉山町給食センター

今夏に事業者決定 教育

22年9月の供用開始目指す

4月3日号

パートナーシップ制度開始

逗子市

パートナーシップ制度開始 社会

横須賀・鎌倉と相互利用も

4月3日号

東京五輪代表に内定

逗子市在住畑山さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

「空飛ぶヨット」でメダル目指す

3月20日号

副町長に県会計局長

葉山町

副町長に県会計局長 政治

今後の大型事業見据え

3月20日号

休校措置に子育て世帯苦慮

新型コロナ

休校措置に子育て世帯苦慮 社会

食で応援の輪 広がる

3月6日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク