逗子・葉山版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

逗子海岸花火大会 9月末の開催目指す 市が補正予算提出へ

政治

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
昨年の花火大会の様子(市観光協会提供)
昨年の花火大会の様子(市観光協会提供)

 5月末から6月にかけての開催が見送られた今年の逗子海岸花火大会。逗子市は市議会第3回臨時会を開き、市観光協会への助成金1300万円を計上した今年度一般会計補正予算を提出する。関係者によれば、9月末の開催を目指すという。

 逗子市は、5月30日に開会の市議会第3回臨時会で、2019年度一般会計補正予算を提出する。補正額は1300万円。

 歳出は逗子海岸花火大会開催に伴う逗子市観光協会に対する経費。歳入はふるさと基金繰入金312万円と前年度余剰見込み額の一部を予算化することに伴う繰越金988万円の増額でまかなう。補正後の総額は184億287万9千円。

水面下で調整

 市観光協会などからなる検討会は、水面下で開催への方策を話し合ってきた。準備期間や警備人員の確保などを考慮し、9月末での開催を目指している。

 現在、市内のイベントなどで募金箱を設置しており、引き続き寄付を呼び掛けていくほか、昨年実施したリストバンドや有料席の販売促進などが検討されている。

市民一丸に

 夏の到来を告げる逗子海岸花火大会は例年10万人が来場する市の一大イベントだ。

 昨年、財政難による補助金カットで一時は開催が危ぶまれたが、商店街関係者や市民らが中心となって、実行委員会を結成。市内外から法人協賛や寄付を募った。

 また、初めて有料席を販売し専用のトイレを設置するなどして「プレミア感」を演出。クラウドファンディングやふるさと納税の返礼品の活用するなど、様々な試みが行われた。

 その結果、寄付や協賛金、有料席販売の総額は1千万円を超え、開催にこぎつけた。

 今年度当初予算には関連経費は計上されず、3月に例年時期での開催はしないことが発表されていた。

(5月27日起稿)

逗子・葉山版のトップニュース最新6

やり投げ歴2年で全国へ

逗子高校渡辺さん

やり投げ歴2年で全国へ スポーツ

コーチ不在の逆境乗り越え

7月12日号

日本初「脱プラ」ビーチに

森戸海岸

日本初「脱プラ」ビーチに 社会

海の家で代替品使用

7月12日号

念願の直売所オープン

葉山町漁協

念願の直売所オープン 社会

毎週土日、地場産品並ぶ

6月28日号

市民へ協力呼びかけ

逗子海岸花火大会

市民へ協力呼びかけ 社会

リストバンドの販売開始

6月28日号

長柄小学校隣接地に計画

給食センター

長柄小学校隣接地に計画 政治

22年度の供用開始目指す

6月14日号

開始2カ月で一定の反応

逗子市空き家バンク

開始2カ月で一定の反応 政治

多様な利活用希望も

6月14日号

活用目指し修繕費募る

加地邸

活用目指し修繕費募る 社会

一般公開や民泊も視野

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク