逗子・葉山版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める 松村 桐杏(きりこ)さん 東京都在住 20歳

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena

帰ってこられる場目指して

 ○…海辺における事故防止のため、逗子海岸でパトロールや救助活動を行う逗子サーフライフセービングクラブ。今夏の監視長を務める。「無事故を目指すのはもちろん、仲間たちが最後に『やり切った』と後悔なく思えるよう、サポートしていきたい」と意気込む。

 ○…中学、高校と陸上一筋で、中長距離のランナーだった。大学進学と同時に、「今から始められること」を求めてサークル選びをするなか、「人の命を救える唯一のスポーツ」と誘われ今のクラブに。「人生で2回しか海へ行ったことがなかったのですが、それまでとは違ったことをしたくて」と笑いながら振り返る。新入生歓迎会で初めて逗子海岸を訪れた時、こじんまりとした白い浜を見て胸が高鳴った。自分の判断は間違っていなかったと確信した。

 ○…陸上で培った体力には自信があったが、風や波、潮の流れで刻一刻と変化する海の基礎知識や、救命救急の方法など、学ぶべきことが沢山あった。「一から勉強したので、最初は専門用語を理解するのが大変でした」。しかし、伸びしろが大きい分、成長も早かった。練習に打ち込み技術や知識を身に着け、分け隔てない性格も相まって周りから信頼を集める。

 ○…海岸を訪れる人との交流も大きなやりがいとなっている。専攻が英文学科であることを生かし、海外からの来場者の対応に当たっているほか、地域の子どもたちから高齢者まで幅広い世代と言葉を交わす。昨年の海水浴場開設期間最終日のこと。顔を覚えてくれた女性から「大病を患った。来年も来られるかしら」と明かされた。「今度会う時は監視長なので、絶対来てくださいねと約束した。また会えたらいいな」。責任感をやりがいに変え、誰もが帰ってこられる場を守るつもりだ。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

鈴木 達也さん

設立100周年を迎えた葉山警察署の署長を務める

鈴木 達也さん

葉山町在住 56歳

1月24日号

森村 佳生さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所(逗子葉山JC)の第57代理事長に就任した

森村 佳生さん

逗子市沼間在住 38歳

1月10日号

大下 利栄子さん

ユニバーサル絵本を製作する活動で内閣総理大臣表彰を受けた

大下 利栄子さん

葉山町在住  59歳

12月13日号

井ノ上 誠也さん

「ズヨコン×ヌマコン」を開催する

井ノ上 誠也さん

逗子市在住 19歳

11月29日号

豊岡 美枝さん

ウインドサーフィンの世界選手権で準優勝した

豊岡 美枝さん

逗子市在住 50歳

11月15日号

豊岡 誠司さん

丸太からアウトリガーカヌー作りに挑戦している

豊岡 誠司さん

逗子市在住 54歳

11月1日号

長峰 宏治さん

逗子市内で様々な企画をプロデュースしている

長峰 宏治さん

逗子市在住 46歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク