逗子・葉山版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

地元在住編集者夫妻 逗子の空気感一冊に スペインチームにプレゼント

文化

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
江の島で行われたワールドカップで銀メダルを獲得したニコラス・ロドリゲス選手(右)とジョルディ・シャマル選手に渡す2人
江の島で行われたワールドカップで銀メダルを獲得したニコラス・ロドリゲス選手(右)とジョルディ・シャマル選手に渡す2人

 逗子市在住で、編集者の庄司賢吾さんと真帆さん夫妻がこのほど、街の魅力をまとめたガイドブック『雑誌逗子』を制作した。今月1日には訳を添えてスペインセーリングチームにプレゼント。「逗子の良さを伝えられたら」と2人は話している。

 3年前に都内から移り住んできた2人。会社員として働きながら、馴染みの飲食店を間借りする形で、土曜日だけオープンするカフェ「アンドサタデー」を始めた。今年の春には自分たちの店(逗子7の6の20 SMALL SQUARE 1F)を構え、都内で勤務しながらカフェや「深夜食堂」、「日曜商店」など様々な取り組みをしている。

 企画のきっかけを「スペインのセーリングチームが逗子に来ていると聞いて、何かできないか考えた。これまで街全体を紹介する本があまりなかったので、自分たちで作ってみようと思いました」と振り返る真帆さん。テーマは「逗子の懐かしい空気感や多彩な文化」。移住してきたからこそ感じる魅力を詰め込んだ。商店街の老舗から若者に人気のカフェ、延命寺や亀岡八幡宮などを幅広く取材。小坪漁業協同組合の協力を得て、漁船に乗り込んだほか、久木のとうふ工房とちぎやでは製造過程を撮影。人々の日常を賢吾さんがフィルムカメラで切り取り、話を聞いてまとめた。

 スペイン語訳は、市内在住で、スペイン滞在経験を持つ大学生の箕輪亮佑さんが協力。今月1日には、大会を終えたばかりのスペインセーリングチームの選手や監督、スタッフ約50人に冊子を手渡した。賢吾さんは「皆さん快く協力していただき、改めて街の魅力を知れた。多くの人に伝えてきたい」と話している。

 『雑誌逗子』はB5サイズ、フルカラーで60ページ。現在書店では販売していないが、アンドサタデーで有料頒布する予定。また、今後取り扱い店舗を増やしていくという。最新情報はフェイスブックで「アンドサタデー」と検索を。問い合わせは【メール】andsaturdaycoffee@gmail.comへ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク