逗子・葉山版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

地元在住編集者夫妻 逗子の空気感一冊に スペインチームにプレゼント

文化

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
江の島で行われたワールドカップで銀メダルを獲得したニコラス・ロドリゲス選手(右)とジョルディ・シャマル選手に渡す2人
江の島で行われたワールドカップで銀メダルを獲得したニコラス・ロドリゲス選手(右)とジョルディ・シャマル選手に渡す2人

 逗子市在住で、編集者の庄司賢吾さんと真帆さん夫妻がこのほど、街の魅力をまとめたガイドブック『雑誌逗子』を制作した。今月1日には訳を添えてスペインセーリングチームにプレゼント。「逗子の良さを伝えられたら」と2人は話している。

 3年前に都内から移り住んできた2人。会社員として働きながら、馴染みの飲食店を間借りする形で、土曜日だけオープンするカフェ「アンドサタデー」を始めた。今年の春には自分たちの店(逗子7の6の20 SMALL SQUARE 1F)を構え、都内で勤務しながらカフェや「深夜食堂」、「日曜商店」など様々な取り組みをしている。

 企画のきっかけを「スペインのセーリングチームが逗子に来ていると聞いて、何かできないか考えた。これまで街全体を紹介する本があまりなかったので、自分たちで作ってみようと思いました」と振り返る真帆さん。テーマは「逗子の懐かしい空気感や多彩な文化」。移住してきたからこそ感じる魅力を詰め込んだ。商店街の老舗から若者に人気のカフェ、延命寺や亀岡八幡宮などを幅広く取材。小坪漁業協同組合の協力を得て、漁船に乗り込んだほか、久木のとうふ工房とちぎやでは製造過程を撮影。人々の日常を賢吾さんがフィルムカメラで切り取り、話を聞いてまとめた。

 スペイン語訳は、市内在住で、スペイン滞在経験を持つ大学生の箕輪亮佑さんが協力。今月1日には、大会を終えたばかりのスペインセーリングチームの選手や監督、スタッフ約50人に冊子を手渡した。賢吾さんは「皆さん快く協力していただき、改めて街の魅力を知れた。多くの人に伝えてきたい」と話している。

 『雑誌逗子』はB5サイズ、フルカラーで60ページ。現在書店では販売していないが、アンドサタデーで有料頒布する予定。また、今後取り扱い店舗を増やしていくという。最新情報はフェイスブックで「アンドサタデー」と検索を。問い合わせは【メール】andsaturdaycoffee@gmail.comへ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

町づくりの歩み1冊に

葉桜自治会

町づくりの歩み1冊に 社会

半世紀の歴史 次世代へ

8月7日号

逗子葉山唯一の銭湯復活

逗子葉山唯一の銭湯復活 経済

「地域交流の拠点に」

8月7日号

病院誘致4度目の断念

逗子市

病院誘致4度目の断念 社会

病床数の確保見通せず

7月24日号

旧金子邸 国登録文化財に

葉山町

旧金子邸 国登録文化財に 文化

別荘文化 今に伝える

7月24日号

プロ格闘家水垣さん引退

葉山出身

プロ格闘家水垣さん引退 社会

「地元盛り上げていきたい」

7月10日号

厄介者ウニを名物に

小坪漁協

厄介者ウニを名物に 社会

全国先駆け地産地消

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月24日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク