逗子・葉山版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

逗子の自然で遊び堪能 観光協会「山の魅力」伝える

教育

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
火起こしに挑戦する子どもたちと塚越さん(右)
火起こしに挑戦する子どもたちと塚越さん(右)

 逗子市観光協会が夏の逗子海岸だけでない、新たなまちの魅力を伝えようと昨年から開催している「逗子旅+(プラス)」。

 この一環で先月27日、「逗子の山の魅力も知ってもらおう」というテーマのイベントが開催された。市内桜山の山中で親子が遊べる環境を提供している「原っぱ大学」に「体験入学」するという企画だ。

 「原っぱ大学」とは、逗子で生まれ育った代表の塚越暁さんが2012年、「子どもも大人も思い切り遊べる場を」と始めた取り組み。当初はイベント開催などが中心だったが、15年に現在の場所に開設。年間を通してプログラムを開催している。

 「村や」と名付けられたこの敷地は山の中にあり、塚越さんたちが自ら切り開いた。山道を進むと突如として日差しが差し込みエリアが現れ、アスレチックのような小屋や滑り台など多種多様な遊び道具、逗子のまちが一望できる高台などが設けられている。

いつしか夢中に

 当日は5〜9歳の親子5組10人が参加。火起こしの方法や、刃物の扱い方、薪の作り方などをスタッフから学んだ。

 探検や泥遊びなどもメニューとして用意されていたが、何をやるかは子どもたちが決める。最初は周囲の様子を伺っていたが、次第に興味の向くままに動き回るようになると、泥だらけになりながら走ったり、ブランコや火起こしなどの作業に夢中になっていた。塚越さんは「ケガをしない、させないだけがルール」と語り、自ら一緒に遊んでいた。

 参加した幼稚園児は「すごく面白い。これからもここに来たい」と興奮気味に話し、その母親は「逗子にこんな環境があるとは知らなかった。喜んでいて良かった」と話していた。

 市観光協会はこれまで「逗子旅+」の中で市民からとっておきの風景写真を募集し、カレンダーを製作・販売したり、市内の寺社や小坪エリアを巡るウォーキングツアーを企画。市内外にまちの魅力発信につなげる試みを続けている。今後もスタンプラリーなどを開催する予定で、「市内の方にも、新しい逗子の魅力をお伝えできたら」と話している。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook