逗子・葉山版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

逗子市 終活情報の登録事業開始 エンディングノートの増刷も

社会

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena

 逗子市はこのほど、いざという時の緊急連絡先などを行政に託せる「終活情報登録事業」を始めた。また、昨年4月に制作した「エンディングノート」を増刷。両方を連携して運用することで、多様なニーズを持つ市民をサポートする。

 終活情報登録事業は、病気やケガ等により意思表示ができなくなったり死亡した時、事前に市に登録した緊急連絡先や終活に関する情報を、警察、消防、医療機関、福祉事務所や緊急連絡先等からの照会に対して、市が伝達するもの。横須賀市や大和市ですでに行われている。

 これに合わせ、病気などによって意思表示ができなくなった時の為に、緊急連絡先や財産、葬儀や墓の希望を書き記すエンディングノート=写真=も増刷された。逗子市では昨年高齢介護課や地域包括支援センター、社会福祉協議会の職員や終活カウンセラーが集まり、編集チームを結成。半年かけて「わたしの人生手帖」と題した1冊に仕上げた。いつ、どこからでも書き始められるよう構成を工夫し、「自分の思い出が詰まったノートになるよう心掛けた」という。3千冊がすべて配布されるなど市民からの関心は高く、社会福祉課の渡澤公一さんによると「父や母に書かせたいという方も多かった。増刷したこの機会に、たくさんの人に手に取っていただけたら」と呼び掛けている。

 市では、両方の事業を連携させて運用することで、登録時の手間を省くだけでなく、記載内容の違いを生まないよう工夫した。必要に応じてノートに記載されている該当ページを参照できるようにし、財布に入るカードサイズの登録証も作成したのが特徴だ。

 「現場の職員が駆けずりまわって、ようやく親族や友人に繋がったというケースは多い。誰が照会に来たとき、どれだけの情報を渡すかということまで細かく決められる。厳重に情報管理をしながら、ノートの作成や情報の登録を後押ししていきたい」と渡澤さんは話している。

 ノートや登録事業に関する問い合わせは【電話】046・873・1111逗子市社会福祉課地域共生係へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

コロナ乗り越え開催へ

葉山駅伝

コロナ乗り越え開催へ スポーツ

12月1日から申込受付

11月20日号

小柴さんの業績紹介

理科ハウス

小柴さんの業績紹介 教育

直筆メッセージの展示も

11月20日号

余った食材 必要な世帯に

葉山町社協

余った食材 必要な世帯に 社会

コロナ禍生活支援の一環

11月6日号

“プレミアム”な逸品開発

逗子市事業者

“プレミアム”な逸品開発 経済

商品券発売にあわせ

11月6日号

プレミアム付き商品券販売

逗子市

プレミアム付き商品券販売 経済

全市民へクーポン配布も

10月23日号

成人式来年1月に開催へ

逗子市葉山町

成人式来年1月に開催へ 教育

簡素化など対策講じる

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク