逗子・葉山版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

逗子市商工会青年部第55代部長を務める 森本 雅之さん 逗子市在住 41歳

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

コロナ後見据えた活動を

 ○…市内で商売を営む若手が集まり、互いの研さんや地域活性化事業を行う逗子市商工会青年部。その第55代会長にこのほど就任する。掲げたスローガンは「今できること」。コロナ禍だからこそ、改めて自分たちの課題や強みを見つめなおし、磨いていく機会にする決意を込めた。

 ○…田越川沿いにある「そば席御清水庵 あん彦」を営む。母の生まれ故郷で、自身も6歳まで過ごした福井の郷土料理「越前蕎麦」が名物だ。元々、料理とは別の仕事をしていたが、きっかけは祖父母だった。「母方の家系が代々、福井で旅館を営んでいたが、祖父母の代で畳んだ。でも、ずっと心に残っていたらしく、そこで目を付けられたんです」と笑う。24歳の時に地元の有名店で1年間みっちりと修業し、その後は日本橋で店を構える兄弟子のもとで経験を積んだ。26歳の時、市民交流センター前にオープン。「あん彦」の名はかつての旅館からとった。

 ○…青年部に入ったのはそれから2年ほどたった28歳の時。「決算のことで商工会にお世話になって誘われたのがきっかけ」と振り返る。店の営業があるなか、時間を作っては参加。創立50周年事業では実行委員長を務めた。それぞれの業種で活躍する同年代の部員たちと交流するなかで、高め合う仲間を得た。

 ○…3年前に店舗を現在の場所に移転した際、工事のほぼすべてを青年部関係者に依頼した。「そば打ち台の高さなど、細かい調整が必要な箇所の要望にも応えてくれて」。専門家集団である部の強みを実体験する機会になった。「もっと広く青年部の良さを知ってもらいつつ、市民の方たちに元気を与える事業をしたい」。失敗を恐れず、挑戦の一年にするつもりだ。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

愛(あい) 良人(ながと)さん

まんぷくカーニバルで「本部長」を務める

愛(あい) 良人(ながと)さん

逗子市在勤 42歳

6月11日号

南田 幹太(なんだ かんた)さん

児童文学作家でデビュー作を出版した

南田 幹太(なんだ かんた)さん

逗子市在住 58歳

5月28日号

佐野 正子さん

バッグブランドSYMPOSIONを立ち上げた

佐野 正子さん

葉山町在住

5月14日号

森本 雅之さん

逗子市商工会青年部第55代部長を務める

森本 雅之さん

逗子市在住 41歳

4月30日号

菊池 操さん

若い女性向け支援付きシェアハウス「アマヤドリ」を運営する

菊池 操さん

葉山町在住 37歳

4月16日号

佐藤 輝さん

ダイビングガイドとして活動しながら初の写真集を出版した

佐藤 輝さん

葉山町在住 45歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter