逗子・葉山版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

「BEATICE」代表でお米や田園の魅力を発信している 山口 冴希さん 葉山町在住 35歳

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena

葉山の棚田に魅せられて

 ○…葉山町上山口の棚田で収穫した米を使った「葉山アイス」の生みの親。この取り組みは全国に波及し、各地の「棚田米」からなるアイスが続々と誕生している。現在は「日本のお米と田園の魅力を世界に発信したい」と新たなプロジェクトを立ち上げ、伝統的製法を守っている「三河みりん」とコラボしたアイスを開発。「国内外の人に味わってもらい、田んぼに関わる人を増やしたい」と意気込んでいる。

 ○…もともとは料理好きな3児の母。2015年に葉山に移住し、知人の紹介で上山口の棚田で米作りに携わるようになった。「葉山に棚田があるなんて知らなかった。その美しさに目を見張りました」。時には子どもをおんぶしながら夫婦で田んぼでの作業にのめり込んだ。自然と心が落ち着き、子どもたちが楽しそうに遊ぶ特別な場所は、自身の中で日増しに大きな存在となっていった。

 ○…維持管理に手間暇かかる棚田は、各地で後継者不足が深刻な課題となっている。後世に引き継いでいくため、自分たちに出来ることはないかと思い浮かんだのがアイスだった。「老若男女みんな大好きだし、少しの収穫量でも多くの人に食べてもらえる」。ただ、「商品」を作るには多くのハードルもあった。「初めての経験だったので、半泣きしながらレシピ開発していた時もありました」と笑いながら振り返る。

 ○…今では日本のお米と田園風景の魅力を伝える会社の代表を務める。「人の笑顔を見るのが大好き」という夫とともに、これからも挑戦の日々は続く。「楽しそうな場所に人は集まる。これからも、日本の田園風景からワクワクを発信して、関わる人が増えるきっかけを作っていきたい」と笑顔で語った。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版の人物風土記最新6

日高 靖夫さん

スポーツ界におけるメンタル指導の啓蒙を行う

日高 靖夫さん

葉山町在住 47歳

8月5日号

福島 富子さん

神奈川県原爆被災者の会副会長で葉山支部会長を務める

福島 富子さん

葉山町在住 77歳

7月22日号

青柳 三保子さん

「ラブ&ピース」を主宰する

青柳 三保子さん

逗子市在住

7月8日号

石井 優愛さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

石井 優愛さん

川崎市在住 22歳

6月24日号

守屋 重雄さん

葉山・山楽会の会長を務める

守屋 重雄さん

葉山町在住 69歳

6月10日号

増田 竜雄さん

中小企業診断士で、はやま里づくりクラブを主宰する

増田 竜雄さん

葉山町在住 54歳

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook