逗子・葉山版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

俳優で児童虐待をテーマにした映画『189』に出演した 坂元 亮介さん 逗子市在住 62歳

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena

燃やし続ける俳優魂

 ○…経済的な不安や地域での孤立など、様々な要因で増加の一途を辿る児童虐待。その現状を真正面から捉えた映画『189』に出演した。12月3日に公開を控え、「苦しむ子どもたちを助ける一助になれば」と広報活動に奔走している。

 ○…逗子生まれ逗子育ち。親はかつて山の根や久木にあった「阪本印刷所」を営んでいた。5歳から近所の日本舞踊教室に通い、14歳で名取、17歳で当時最年少の師範となったことをきっかけに、スカウトされて芸能界デビュー。「舞踊家として、芸の肥やしになればという思いでした」と振り返る。

 ○…学園ドラマや大河ドラマなどへの出演を経て、スーパー戦隊「超電子バイオマン」で主役のレッド役を務めて一躍有名に。1年間にわたる撮影はケガがつきもので、「ボロボロになりながら走り抜けました」という。その後も、映画やテレビ、舞台で活躍。しかし、多忙を極める生活は心身をむしばみ、「燃え尽き症候群」に。結婚したタイミングで故郷の逗子に戻った。家業を手伝いながら、地域貢献を行う逗子葉山青年会議所と商工会青年部に入り、改めて生まれ育った街に向き合った。「外を歩けば知り合いに会える温かい場所だと再確認した。今振り返れば充電期間でした」。40代に入り、旧知の監督からオファーを受けて芸能界に復帰した。

 ○…正義のヒーローを演じてから、常に自分を律してきた。5年前にステージ3の食道がんを患い、余命宣告を受けた時も、「ヒーローが弱々しい姿を見せてはいけない」と闘病生活を乗り切った。「今の自分があるのは逗子で生まれ育ち、多くの人の支えがあたから。これからは地域に恩返しをしたい」。新たな使命を胸に、俳優魂を燃やし続ける。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

松澤 有子さん

海のほとり美術館を制作する

松澤 有子さん

逗子市在住 

5月13日号

中田 美緒さん

デフリンピック女子バレーボールに日本代表として出場する

中田 美緒さん

葉山町出身 21歳

4月29日号

三田村 鳳治さん

東逗子駅開業70周年実行委員会の相談役に就任した

三田村 鳳治さん

逗子市在住 100歳

4月15日号

半田 志野さん

ゼロエミッション逗子を立ち上げた

半田 志野さん

逗子市在住

4月1日号

日澤 準弥さん

日本コーンホール協会を立ち上げた

日澤 準弥さん

逗子市在住

3月18日号

村上 理恵さん

地元の魅力を伝える食品開発を行う

村上 理恵さん

葉山町在住

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook