神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
逗子・葉山版 公開:2024年4月26日 エリアトップへ

逗子文学年表 未来に残す文化資源 有志が調査、編集

文化

公開:2024年4月26日

  • X
  • LINE
  • hatena
「蘆花 独歩ゆかりの地」の碑の前に立つ東海さん(左)ら
「蘆花 独歩ゆかりの地」の碑の前に立つ東海さん(左)ら

 文学に関心のある市民らで作る「逗子の文学を学び広める会」が、「逗子ゆかりの文学年表」を制作中だ。きょう26日から29日(月)まで、市民交流センターで開催している市制70周年市民企画展示「あなたと私の逗子の文学〜一緒につくりませんか文学年表〜」では、市民からの情報提供やアンケートの協力を呼び掛ける。

 同会は約10人のメンバーで一昨年秋から、逗子に関する近現代文学の調査と年表づくりを進めており、作品や作家にまつわる出来事など、約1100項目をデータ化してきた。

 今回の展示では交流センター1階展示場で編集中の年表を大型モニターで公開。また、市内の文学碑、文学散歩道、市立図書館所蔵の逗子にゆかりのある文学本の紹介などを行う。同会の取り組みを多くの人に知ってもらうとともに、情報提供を受けたりアンケートを実施したりすることで、年表をより精度の高いものにしようという狙いもある。関連企画として市立図書館では5月13日(月)まで、一般展示「逗子にゆかりのある文化人と作品」を開催している。

 同会によると、掲載項目が最も多いのは泉鏡花で逗子ゆかりの作品は50点にのぼる。次いで女性初の芥川賞作家である中里恒子が35作品と続く。

 また、逗子ゆかりの作家や、逗子が作品の舞台の芥川賞・直木賞は各7作品ある。1955年(第34回下期)に『太陽の季節』で芥川賞を受賞した石原慎太郎は当時、最年少受賞だった。

 逗子文学が豊富なことについて同会は、1889年に横須賀線の開通により別荘地として開けたこと、1900年に出版された徳冨蘆花の『不如帰』が全国的な話題作品になったこと、結核などの病気療養、保養地として知られるようになったこと、海と緑があるコンパクトなまちであることなどが要因だと分析する。

 同会代表の東海邦彦さん(80)は年表づくりについて、「新しい発見が度々あって楽しい」と熱弁。「蘆花はトルストイの研究家でもあって、06年にロシアを訪問して本人に会っていたんですよ。これは知らなかった」と例を挙げた。

 年表は新しい情報が入ると更新するため、「完成」することはないが、ある程度めどが立った段階で市のウェブサイトに「逗子ゆかりの文学」というページが作られる予定だという。

 問い合わせや情報提供などは同会【メール】zushibungaku@gmail.com

逗子・葉山版のトップニュース最新6

三ヶ岡山にも出現

イノシシ

三ヶ岡山にも出現

昨年度の捕獲数109頭

6月7日

命ある地球、舞台で表現

一色在住金さん

命ある地球、舞台で表現

9月公演に向け始動

6月7日

家計負担の支援、市に要望

逗子市内フリースクール

家計負担の支援、市に要望

3団体で協議会立ち上げ

5月24日

藻場の再生で連携

三浦半島4市1町

藻場の再生で連携

日テレ参画で活動後押し

5月24日

「自然知るきっかけに」

逗子在住監督作品

「自然知るきっかけに」

磯焼け問題に迫る

5月10日

建長寺に「さわる模型」

建長寺に「さわる模型」

葉山町・大下さんが夢叶える

5月10日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook