藤沢版 掲載号:2018年4月6日号
  • LINE
  • hatena

湘南学園 ICカードでアレルギー対策 学校給食の課題解決に

教育

ラボカードをかざし注文する生徒
ラボカードをかざし注文する生徒
 昨今、食物アレルギーを持つ子どもが増加傾向にあり、同じ献立を提供することが学校現場で困難になっている。そうした中、ICカードを活用して課題解決に取り組んでいる例がある。湘南学園では、食物に関する情報をカードで管理。アレルギー食品の誤食回避などに役立っているようだ。

 同学園が採用する「ラボカード」は、SuicaやPASMOのようなマネーチャージ式で、予め生徒が持つアレルギーを登録。カフェテリアを利用する際、読み取り機にカードをかざし、タッチパネルで注文する。2013年からシステムを導入しており、同様の取り組みは市内では珍しいという。

 学園には中学生から高校生まで、何らかのアレルギーを持つ生徒が約200人在籍。「アレルギーを持つ子どもは年々増加している。年齢が上がるにつれ、発症は減少傾向だが疲労や免疫力が落ちている時には発症しやすい」とカフェテリアを運営するNPO法人湘南食育ラボの原田ゆう子理事は話す。

 アレルギーの子どもを持つ保護者からは「特定原材料などの食品を誤って食べてしまうことがなくなるので安心できる」と声があがった。生徒たちからは「どれを食べてもおいしい。メニューも日替わりなので来るのがとても楽しみ」と口をそろえた。

保護者らが丁寧に調理

 同法人は在学生の子どもを持つ親や卒業生の親が中心となり、食事を提供。500円の日替わり定食のほか、日本各地の郷土料理やクリスマスなど季節にあったもの、湘南ならではのしらす丼なども期間限定で並ぶ。生徒以外も利用することができ、保護者や地域の人、卒業生など多くの人が利用している。

 原田理事は「子どもの成長を手に取るようにわかり、『ごちそうさま』と笑顔で言われるとうれしい。毎日の食事が身体を作るので、たくさん食べて成長してほしい」と笑顔で話した。

昼食を楽しむ生徒ら
昼食を楽しむ生徒ら

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6件

福祉経験活かし、住居探し

ぐるーぷ藤など2法人

福祉経験活かし、住居探し

12月7日号

手で触れて鑑賞する

車道廃止、住民「NO」

住民「生活道路なくすな」 ■ 市「安全確保に懸念」

車道廃止、住民「NO」

12月7日号

市民応援団が1万人突破

海岸線を2万人が力走

湘南国際マラソン

海岸線を2万人が力走

12月7日号

幅広い年代、語り合う

国民民主党 神奈川県連

2019年 統一地方選挙 神奈川県内 立候補者募集

http://dp-kanagawa.jp/joining/youkou.html

12月は洋蘭フェアー

オリジナリティーあふれるアレンジ・寄せ植えいたします。

http://chisanchisho.enopo.jp/flower-nouen/534-fujisawa-youran.html

<PR>

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク