藤沢版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

回顧ふじさわ 五輪ムード機運高まる 今年の出来事を振り返る

社会

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

 2018年も残すところ10日余り。セーリングワールドカップ江の島大会の開催や公共施設の再整備、猛暑や台風など災害対応、大型商業施設のリニューアルオープン、スポーツの地元勢躍進など、藤沢市内でも様々な話題が駆け巡った。本紙面から1年の主要な話題を振り返る。

トップセーラー集う

 9月、東京五輪に向けたテスト大会としてセーリングワールドカップ(W杯)が江の島沖で開催された。大会には、世界44カ国から466人がエントリー。世界のトップセーラーが種目ごとに熱戦を繰り広げた。

 藤沢ゆかりの選手では女子470級で吉田愛・吉岡美帆ペアが銀メダルを獲得。2年後の大舞台に向け、弾みをつけた。

 一方、五輪への市民参加を促す藤沢市は、機運を盛り上げようと4月に市民応援団「藤沢ビッグウェーブ」を発足。登録者数は増加を続け、11月には1万人を突破した。

 セーリングW杯は来秋にも開催を予定している。

猛暑で整備前倒し

 今夏は全国的に記録的な猛暑に見舞われた。市内でも7月、熱中症による救急搬送数が前年比2倍超となるなど患者数が急増した。同月、愛知県では小学1年生の男児が熱中症で死亡する事件も発生。こうした事態を受けて藤沢市は8月、市内小学校のエアコン設置を前倒しすることを決めた。未整備だった14校のうち、8校は来年度中としていたが、来年5月末までに完了させる。

市民病院リニューアル

 老朽化に伴う藤沢市民病院の再整備が7月、完了した。敷地内に病院の中核となる新たな病棟を建設する計画で7年がかかりで完成。総事業費は約120億円を要した。

 新病棟は免震構造を採用。患者に分かりやすいよう、外来機能や診察室などを再配置したほか、病室も従来より1・6倍の広さになった。

 また同院では4月から救急外科と乳腺外科を新設。施設整備と共に診療体制の強化を図っている。

117店舗が一新

 辻堂神台の大型商業複合施設「テラスモール湘南」が4月、2011年に開業して以来初の大規模リニューアルを実施した。全店の約4割にあたる117店舗が一新。飲食店を増設したほか、ファッションブランドを充実、ワークショップなども楽しめる「くらしテラス」を新設するなどした。

遠藤に農家レストラン

 遠藤の田園地帯に5月、国家戦略特区を活用した「農家レストラン」がオープンした。農地での出店を緩和する特例措置を受けての開業で全国6番目、関東では初。農業や遠藤地区の活性化に役立てようと、3年かけて開業にこぎつけた。

 ビュッフェ形式で新鮮な地場野菜や畜産品、麹や醤(ひしお)といった発酵調味料を使った健康志向の料理が楽しめる。

かこさとしさん死去

 「からすのパンやさん」や「だるまちゃん」シリーズなどで知られる絵本作家のかこさとしさんが5月、慢性腎不全のため藤沢市内の自宅で死去した。92歳だった。

 1959年のデビュー以来、世代を超えて楽しめる600以上の作品を発表。晩年まで創作活動に励んでいた。

藤沢版のトップニュース最新6

感染拡大 止まらず

藤沢市

感染拡大 止まらず 社会

累計1100人超 年末から急増

1月15日号

性犯罪根絶へ法改正を

性犯罪根絶へ法改正を 社会

藤沢市議会が意見書可決

1月15日号

前人未到、15連覇を達成

湘南台高校

前人未到、15連覇を達成 文化

マーチング全国大会で

1月8日号

成人式 オンライン配信に

藤沢市

成人式 オンライン配信に 社会

感染リスク考慮 代替の場検討へ

1月8日号

王者への挑戦権 獲得へ

辻堂在住森且貴さん

王者への挑戦権 獲得へ スポーツ

7戦無敗、期待の新星

1月1日号

感染症 危機管理強化へ

新春市長インタビュー

感染症 危機管理強化へ 社会

今春組織改正「即応できる体制に」

1月1日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月25日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク