藤沢版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

(仮称)村岡新駅 まちづくりへ検討会議 有識者や地権者ら議論

社会

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena

 JR藤沢駅―大船間で設置が検討されている「(仮称)村岡新駅」構想に関連し、「村岡新駅周辺地区まちづくり検討会議」(柳沢厚会長)がこのほど発足し、16日、初会合が開かれた。学識経験者や藤沢商工会議所役員、地権者、関係事業者ら14人が出席。まちづくりの将来像などについて基本的な方向性を確認した。



 新駅誘致を巡っては今年1月、県と藤沢、鎌倉市の3者がJR東日本に実現を求める要望書を提出。同社が新駅の規模や整備期間、費用に関する概略設計を進めている。藤沢市は概略設計の結果に加え、検討会で出された意見や提案を事業化の判断材料にする考え。

 この日は市の担当者がこれまでのJRに対する新駅誘致の経緯や現状抱える課題などについて説明。県の「ヘルスケア・ニューフロンティア政策」と連携した最先端の医療や健康に関する研究開発拠点としての位置付け、隣接する鎌倉市深沢地区との一体的なまちづくりの必要性についても言及した。

 村岡地区には武田薬品工業が昨年4月に開設した「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)があり、研究開発の核としての役割が期待される。メンバーからは「アイパークで育った企業が地域に根付くなど利益を生む都市づくりが必要」「研究開発と市民との連動性をどう持たせるか」などの意見があった。また「予め周辺の道路整備を考慮すべき」「緑の保全や防災への視点も盛り込んでほしい」といった要望もあった。

 会議は今後、都市空間のあり方やコンセプトの実現化などをテーマに今年度内に2回程度開催する予定。

 新駅の設置予定地はJRが国鉄時代の1985年に廃止された「湘南貨物駅」の跡地。昨年末に県、藤沢、鎌倉両市は新駅誘致と一体的なまちづくりについて正式に合意した。

 JRが2020年度までに概略設計を行い、これを受けて市は同年度中に新駅設置を最終判断。21年度以降、都市計画決定をするスケジュールを描いている。

藤沢版のトップニュース最新6

感染拡大 止まらず

藤沢市

感染拡大 止まらず 社会

累計1100人超 年末から急増

1月15日号

性犯罪根絶へ法改正を

性犯罪根絶へ法改正を 社会

藤沢市議会が意見書可決

1月15日号

前人未到、15連覇を達成

湘南台高校

前人未到、15連覇を達成 文化

マーチング全国大会で

1月8日号

成人式 オンライン配信に

藤沢市

成人式 オンライン配信に 社会

感染リスク考慮 代替の場検討へ

1月8日号

王者への挑戦権 獲得へ

辻堂在住森且貴さん

王者への挑戦権 獲得へ スポーツ

7戦無敗、期待の新星

1月1日号

感染症 危機管理強化へ

新春市長インタビュー

感染症 危機管理強化へ 社会

今春組織改正「即応できる体制に」

1月1日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月25日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク