神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2021年5月14日 エリアトップへ

いのちの授業、1千人が参加 藤沢JCオンライン講演

社会

公開:2021年5月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
冒頭、大きなお腹から赤ちゃんを出して見せた寺田さん。ライブでオンライン配信した
冒頭、大きなお腹から赤ちゃんを出して見せた寺田さん。ライブでオンライン配信した

 「あなたはとっても大切な人、(自分を含め)みんなが『あなた』」。助産師として、また自ら双子を失った経験を持つ母親として、いのちの大切さを訴え続けている寺田恵子さんのオンライン講演が先月24日に開催され、定員を超える1000人以上の参加者が耳を傾けた。主催は(一社)藤沢青年会議所(藤沢JC・石井世悟理事長)。

 当日は市内みその台にある児童養護施設「聖園子供の家」で、施設児童や関係者らを前にライブ配信を行った。

 大きなお腹を抱えて登場した寺田さんは「お腹の大きな人を何と呼びますか?」などと会場の児童らに話しかけながら進行。母体の中で胎児が育まれ、出産に至るまでのプロセスを人形などを使いながらわかりやすく解説。その中で、子守歌を歌いながら腕の中で見送った我が子のエピソードも明かし、失われてしまう命があること、生まれ成長してくれるだけで「ありがとう」と言われる大切な存在であることなどを伝えた。そして未だ自死を選ぶ子どもがいることを憂い、「大人はたくさんいて守ってくれる人をあきらめずに探してほしい」と訴えた。

 講演を担当した同JCの小林百合子さんは「コロナ禍の中、自ら命を絶つ子どもたちがいる。寺田さんの話を通して、改めて命の尊さを知ってほしい」と話した。

 寺田さんは2004年の佐世保女児傷害事件をきっかけに、講演活動を展開。全国でのべ7万人に感動のメッセージを送っている。著書「いのちの授業」もある。

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

藤沢版のローカルニュース最新6

駅前で体を動かそう

駅前で体を動かそう

6月2日(日)、当日参加も

5月25日

「お名前考えて」

「お名前考えて」

えのすいのゴマフアザラシ

5月24日

美声高らかに

美声高らかに

龍口寺でオペラ

5月24日

撤去へ今秋解体工事

旧辻堂市民センター

撤去へ今秋解体工事

敷地売却まで暫定活用

5月24日

20年ぶり“自分”と再会

20年ぶり“自分”と再会

秋葉台小でタイムカプセル開封

5月24日

介護ヘルパー・デイサービス併設の安心な住まい

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook