神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2023年10月13日 エリアトップへ

宮前の土屋清夏さん企画 お空の赤ちゃんに思いを 国際啓発週間にキャンドル点灯

社会

公開:2023年10月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
国際啓発週間に合わせイベントを企画した土屋さん
国際啓発週間に合わせイベントを企画した土屋さん

 流産や死産でわが子を失った家族のための国際的な啓発週間「Baby Loss Awareness Week」(10月9〜15日)に合わせ、10月15日(日)、夕暮れの白旗神社でキャンドルを灯すイベントが開かれる。宮前在住のシンガーソングライターで、自らも死産を経験した土屋清夏さん(41)が企画した。「一人じゃないよ」。当事者に伝えたいのはそんなメッセージだ。

 2020年の県衛生統計によると、藤沢市内の死産は72件だった。流産は妊娠した人の約15%に起こるとされており、同年450件程度が経験した計算になる。

 啓発週間はタブー視されがちな「赤ちゃんの死」への理解を広め、家族への支援について意識を高めてもらうと1988年にアメリカで制定。4年前から日本国内でも活動が広まっている。

 「Wave Of Light湘南」を企画した土屋さんも2019年、臨月に入ってから第2子の死産を経験した。急な腹痛を感じ、病院を受診するとすでにお腹の赤ちゃんは亡くなっていた。分娩前に胎盤が剥がれてしまう「常位胎盤早期剥離」だった。

 生まれてくると疑わなかった命が失われ、目の前が真っ暗になった。「病院へ行くのがもっと早ければ助かったのかもしれない」と自責の念にも駆られた。

 そんなとき救われたのが喪失の悲しみに寄り添う病院の「グリーフケア」だった。「腫物のように扱うのではなく、赤ちゃんに対する私の思いを尊重してくれた」。同じ経験をした人が交流する自助グループにも参加し「話を聞いてもらうことで社会復帰することができた」と振り返る。

 その後、シンガーソングライターとして自身の経験を曲にし、ライブや流産や死産に関するお話会を開催。来場者から「実は私も」との声も寄せられ辛い思いを抱えている人がいる実感した。

 土屋さんは「来場した人が穏やかに優しく赤ちゃんを思い、心が癒される時間になれば。当事者に一人じゃないと伝えたい」と話した。

 午後5〜7時。参加無料。雨天中止。イベント詳細はインスタグラム(WAVEOFLIGHT_SHONAN)へ。

藤沢版のローカルニュース最新6

司法書士の無料相談会

司法書士の無料相談会

6月1・15日

5月18日

子どもらに自慢の味届ける

子どもらに自慢の味届ける

藤沢市辻堂ラーメン店 匠人いとう

5月18日

早生のブルーベリー実る

早生のブルーベリー実る

獺郷・加藤園芸

5月17日

道行く人、ほっこり笑顔

道行く人、ほっこり笑顔

片瀬海岸の飯森さん 端材で木工作品 

5月17日

5大会連続で関東へ

5大会連続で関東へ

日大藤沢サッカー部

5月17日

市民まつり9月21日〜

市民まつり9月21日〜

日程決まる

5月17日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook