鎌倉版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

「高齢者見守りの一助に」 市内事業者がアプリ開発

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena
GPS端末を埋め込んだ靴を持つ桂田さん
GPS端末を埋め込んだ靴を持つ桂田さん

 市内岡本に事業所を構える合同会社エムケーエスシステム(桂田雄樹代表)がこのほど、GPS端末を使った見守り支援アプリ「docoorut」(ドコオルト)を開発した。

 同社の桂田代表らは、他の通信会社が製作したGPS端末に注目。この端末は手のひらに収まるサイズで重さもわずか50グラムほどのため、キーホルダーにしたり、服のポケットへの固定、靴のかかとに埋め込むなどして利用者が容易に持ち運ぶことができる。

 同社が開発したアプリは、スマートフォンを使い端末の位置をリアルタイムで確認できるもの。普段から端末を高齢者に身に付けてもらうことで、見守りへの活用が期待されている。

 昨年12月15日には市内常盤の高齢者施設ケアホーム鎌倉深沢で初の実証実験を行った。参加したスタッフからは「万が一、利用者さんが外に出てしまっても位置がすぐにわかる安心感は大きい。自分のスマホなので操作しやすかった」といった感想が上がり、同施設での運用が決定。現在、他の施設とも導入に向けた調整を進めているという。

 桂田さんは「アプリが普及することで地域の見守り体制充実や、施設のスタッフ、家族の方々の負担軽減につながれば」と話している。問い合わせは【電話】0467・44・0083同社へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル

【Web限定記事】鎌倉の企業や求職者のマッチングを支援

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル 社会

企業インタビューも新設

1月22日号

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に

【Web限定記事】

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に 文化

2月14日まで鎌倉国宝館で特別展開催中

1月22日号

ニューイヤー演奏会延期に

「花は咲く」の合唱動画募集

バレエ映画上映・展示

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク