鎌倉版 掲載号:2018年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

大船RC 「あの日語ることが使命」 大川小遺族・佐藤さん講演

社会

約200人が聞き入った
約200人が聞き入った
 鎌倉大船ロータリークラブ(日向達藏会長)は3月10日、「第2回東日本復興支援講演会」を鎌倉女子大学で開催した。

 同クラブは東日本大震災の発生以降、被災地支援を継続しており、今必要な支援や防災について考えてもらおうと企画した。

 当日の講師は宮城県内の中学校の元国語教諭で、スマートサバイバープロジェクトの佐藤敏郎さん。佐藤さんは児童74人が犠牲になった大川小学校で小学6年生だった次女を亡くしており「校庭に敷かれたブルーシートに、子どもたちの遺体が並べられていた様子は忘れることができない」と当時を生々しく語った。

 そして「遺族や地域にも様々な声があるが、あの日を語ることが失われた命を未来につなげることになる」として「地震発生から津波が到達するまで51分、大津波警報が発令され、学校裏には山があった。時間、情報、手段は全て揃っていたのに結果として多くの命が失われたのは、組織として意思決定ができなかったから」と指摘。その上で「想定外の事態が起こった時、判断・行動を起こすには訓練を重ね、習慣にするしかない。あの日あの場所にいたらどうしていたのか、全ての人が自分の事として考えてほしい」と呼びかけた。

 日向会長は「防災のことはもちろん、今の社会と子どもを取り巻く状況について貴重な気づきを与えてもらった。今後も被災地支援を続けていきたい」と話していた。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育て支援会員を募集

子育て支援会員を募集

ファミサポが講習開催

6月12日~6月14日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク