鎌倉版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • hatena

神奈川県ご当地クオカードをデザインしたイラストレーター ジュジュタケシさん 材木座在住 55歳

「心地良い景色 楽しんで」

 ○…6月7日から新たなデザインに変わる神奈川県ご当地クオカード(500円券)のイラストを手掛けた。2008年に発表した作品を手直ししたもので、タイトルは「shonan〜素敵な場所〜」。江の島を望む海岸線や、潮風を受けて走る江ノ電などを、CGを用いて鮮やかに描いている。「カードを持ち歩くことで、いつでもどこでも湘南の景色を楽しんでもらえれば」

 ○…クオカードのデザインを手掛けるのは2回目。海岸で少年が犬と戯れるイラストを使用し、2014年に第1弾を販売開始したところ、今年3月までに約15万枚を売り上げ、在庫が無くなるほどの人気を博した。一方、エリアを特定していなかったこともあり、購入者や販売店舗から「『もっと湘南らしい風景に』といった要望も上がっていた」とリニューアルの背景を語る。

 ○…練馬区出身。幼少期から絵が好きで「父が印刷会社勤務で、自宅に山ほど紙があった。それにいつも絵を描いて遊んでいた」という。「自分のデザインが具現化され、人に着てもらえるのが面白い」と服飾の専門学校を卒業後、アパレルデザイナーとして多忙な日々を過ごした。

 ○…息抜きのため、稲村ヶ崎や片瀬でサーフィンなどを楽しむうちに湘南の虜に。2001年には鎌倉に居を移し、37歳の頃、趣味として海辺などのイラストを描き始めた。市内で度々個展を開くうちに、次第に作品に注目が集まり、様々な企業のポスターや雑誌の表紙などを飾るように。現在ではイラストレーターとして独立し、妻と愛犬ナポリとの「3人暮らし」。「今後は、20代のころにバックパッカーとして8カ月間にわたる旅行で訪れた、大好きなイタリアやフランスなどの景色も描いていきたい」

3/31家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6件

木村 由利子さん

鎌倉地区保護司会の会長を務める

木村 由利子さん

3月22日号

柿沼 迪夫(みちお)さん

長谷寺で水彩画展「鳥の目で見る鎌倉の寺社」を開く

柿沼 迪夫(みちお)さん

3月15日号

井上 俊夫さん

(公社)鎌倉市医師会の会長に就任した

井上 俊夫さん

3月8日号

今村 洋平さん

藤沢市アートスペースで3月21日(木)まで開かれている企画展に作品を展示する

今村 洋平さん

3月1日号

荻江 寿愼(じゅしん)さん(本名:竹村  眞さん)

伝統芸能「荻江節」の演奏者で普及活動に努める

荻江 寿愼(じゅしん)さん(本名:竹村 眞さん)

2月22日号

澤田 直人さん

「ジャパンブルワーズカップ」ピルスナー部門で優勝した鎌倉ビールの醸造士

澤田 直人さん

2月15日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鳥の目で見る鎌倉の寺社

鳥の目で見る鎌倉の寺社

長谷寺で水彩画展

3月21日~3月24日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク