鎌倉版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

「子どもに栄養ある食事を」 「鉢の木」で弁当販売

社会

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
弁当を持つ田中理事長(左)と藤川主任
弁当を持つ田中理事長(左)と藤川主任

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、小中高学校が臨時休校となる中、精進・会席料理店「鎌倉鉢の木」(山ノ内350)では、子どもとその親などに200円で日替わり弁当を販売する取り組みを開始した。

 日本各地にある被災地の支援活動を行う(一社)東日本大震災雇用・教育・健康支援機構(田中潤理事長)が、「この非常事態に子どもがいる家庭の力になりたい」と同店協力のもと、3月9日から実施。10日のメニューはエビフライや卵焼き、ゆかりご飯などで、中学1年と小学5年の息子と弁当を買いに来た男性(岩瀬在住・40代)は「栄養バランスの良い安価な弁当を食べさせられるのはとても助かる」と笑顔を見せた。

 田中理事長は「馴染みのある店に思いやりの場ができたことで市民に安心感を届けたい」と言い、同店の藤川光主任は「手作りの味で貢献できれば」と話す。販売は3月末までの平日のみで、午前10時から正午。

 また同法人が運営する災害復興支援広場リバスク(雪ノ下1の5の33)でも11日から「クリームチキンカレー」を200円で販売中。午前10時から午後5時。不定休。

 問い合わせは鉢の木【電話】0467・23・3723、リバスク【電話】0467・24・5915へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「市歌体操」を動画で

「市歌体操」を動画で 文化

高齢者の体力づくりに

5月29日号

マリーゴールド800株植栽

マリーゴールド800株植栽 文化

かまくら桜の会

5月29日号

詐欺被害、未然に防ぐ

詐欺被害、未然に防ぐ 社会

コンビニ店に感謝状

5月29日号

ふるさと納税で事業者支援

【Web限定記事】鎌倉市

ふるさと納税で事業者支援 社会

対策資金1千万調達目指す

5月22日号

英字ミニコミ紙「湘南ポスト」が20周年

英字ミニコミ紙「湘南ポスト」が20周年 文化

ボランティアで地域の魅力発信

5月22日号

「発達の不安」に対応

「発達の不安」に対応 教育

オンライン相談開始

5月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク