鎌倉版 掲載号:2020年3月13日号 エリアトップへ

休校中も学びと遊びを 市内企業・団体が独自企画

教育

掲載号:2020年3月13日号

  • LINE
  • hatena
電子書籍で無料配信中の銀の鈴社の児童書など
電子書籍で無料配信中の銀の鈴社の児童書など

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、小中高校などで臨時休校が続いている。休校を受けて、鎌倉市内の企業や団体では、自宅で学び、遊べる独自の企画を発信している。

書籍の無料配信

 地元出版社「銀の鈴社」(市内佐助、西野真由美社長)では、同社の電子書籍約500冊分を無料開放している。

 「子どもたちの心に直接届く本を」と1986年に創業し、多くの児童書や詩集を発行してきた同社。「こんな時にこそ本を楽しんでもらいたい」と今回の取り組みを始めたという。

 4月10日(金)までの期間、谷川俊太郎さんや井上靖さん、内田麟太郎さんらの書籍を楽しむことができる(閲覧は購入後31日間可能)。同社取締役の西野大介さんは「今こそ出版社が読書体験の機会を作るべきだと考えた。良書と出会える良い期間、心の杖となる言葉と出合う機会にしてもらえたら」と話す。

 利用は電子書籍サイト「コンテン堂」内の同社電子ブックストア(https://contendo.jp/store/ginsuzu/)から。サイトへの会員登録(無料)が必要。

 問い合わせは【電話】0467・61・1930へ。

工作と実験

 市内の主婦によるボランティア団体「NPOコソガイ」が運営するウェブサイト「鎌倉くらしと子育てガイド」(https://kosogai.com/)では、休校中の過ごし方を複数紹介している。

 その中の1つが工作や実験についてまとめたサイト「わくわくラボ」(http://wakuwakulabo.cocolog-nifty.com/)だ。元々は雨の日など、室内で過ごす際の遊び情報を発信するため、2008年から3年にわたり更新していたもので「おうちでそろう材料で親子で簡単にできる科学実験&工作ネタ」が満載。

図書館は貸出可

 鎌倉市内の図書館は、3月31日(火)まで臨時休館となっているが、資料の返却と事前予約による貸出は実施している。

 予約は、市図書館のウェブサイトまたは電話で可能。また、3月4日から17日が返却期限の資料はすでに貸出期間を2週間延長しており、3月中に返却・取り置き期限が来るものについても今後延長する予定という。

 問い合わせは、鎌倉市中央図書館【電話】0467・25・2611または、各図書館へ。

紙袋で作る「さかなつり」(わくわくラボより)
紙袋で作る「さかなつり」(わくわくラボより)

鎌倉版のローカルニュース最新6

バレエ映画上映・展示

LINEで子育て相談

LINEで子育て相談 社会

事前予約制で実施

1月8日号

女性のための健康相談

女性のための健康相談 社会

21日のほか、電話でも

1月8日号

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

小松亮太カルテット

小松亮太カルテット 文化

タンゴスペシャルコンサート

1月1日号

「魅力あるロータリークラブへ」

鎌倉大船ロータリークラブ×タウンニュース新春企画

「魅力あるロータリークラブへ」 社会

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク