鎌倉版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

宿泊施設へ手荷物配送 市観光協会が新サービス

経済

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市観光協会(大森道明会長)は10月1日から、「手荷物配送サービス」を開始した。同協会が観光客から荷物を預かり、提携する宿泊施設に届けるというもの。市内観光の際の利便性を高めることで、宿泊客の増加を狙う。

 このサービスは、観光客が午前9時から正午までにJR鎌倉駅西口近くにある同協会の事務所に手荷物を預けると、その日の夕方までに自分が宿泊するホテルなどに届けてくれるというもの。配送を行うのはヤマト運輸。料金は荷物1個が1200円となっている。

 現在、提携する宿泊施設はかいひん荘鎌倉、鎌倉パークホテル、鎌倉プリンスホテル、ビジネス旅館津久井の4カ所だが、同協会では順次増やしていく考え。

 同様のサービスは京都や奈良など国内の主要観光地のほか、県内でも箱根町などでも行われている。ただ、鉄道会社など民間企業が主体となっているケースが多く、観光協会が行うのは珍しいという。

宿泊客増狙う

 目的は市内での宿泊客の増加だ。鎌倉市は「第3期鎌倉市観光基本計画」において、2025年度には40万人とする目標を掲げている(19年度は31・9万人)。

 一人当たりの観光消費額は、宿泊客の場合2万1621円なのに対して、日帰り客は6506円(いずれも昨年度)と4倍近い開きがあり、宿泊客の増加は鎌倉市の観光振興にとって急務となっているためだ。

 同協会の大津定博専務理事は「コロナ禍により鎌倉の観光産業も大きな影響を受けている。これまで県内でも横浜や箱根に逃げていた宿泊客をこうしたサービスで鎌倉にも呼び込みたい」と話している。

鎌倉版のトップニュース最新6

市内感染者152人に

新型コロナウイルス

市内感染者152人に 社会

「第2波」並みの増加ペース

11月20日号

流鏑馬専用馬場が完成

大日本弓馬会

流鏑馬専用馬場が完成 文化

深沢事業用地を暫定利用

11月20日号

「宝飾の美術館」建設へ

野村総合研究所跡地

「宝飾の美術館」建設へ 社会

連携する事業者が決定

11月13日号

「過密避けて初詣を」

鶴岡八幡宮

「過密避けて初詣を」 社会

御札等は郵送でも対応

11月13日号

電子クーポンデザイン発表

電子クーポンデザイン発表 経済

愛称は「縁むすびカード」

11月6日号

本復旧へ法面工事開始

玉縄地区「栄光坂」

本復旧へ法面工事開始 社会

来年3月中の両車線再開へ

11月6日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク