鎌倉版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

鎌倉農泊協議会 「鎌倉全域を楽しんで」 スタンプラリーなど実施

経済

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
スタンプラリーをPRする羅さん
スタンプラリーをPRする羅さん

 鎌倉農泊協議会がコロナ禍で激減した鎌倉の観光を活性化させる活動に取り組んでいる。観光庁の事業として採用されており、市内の10を超える事業者らと連携し、スマートフォンで参加できるスタンプラリーもスタートさせている。企画担当の羅(ナ)鉉悳(ヒャンドク)さんは「鎌倉駅から離れたスポットを巡り、楽しんでもらえたら」と呼びかける。期間は2月28日(月)まで。

 鎌倉農泊協議会では、中核法人である(株)Brain Trust from The Sunが地域の空き家を再生した宿泊施設の運営、周辺で楽しめるマリンスポーツや農業、食の体験などを提供する取り組みを進めてきた。今回は、観光庁の既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業(事業者連携型)の採択を受け、鎌倉ならではの体験ツアーが当たる「鎌倉ときめきスタンプラリー」を昨年11月から実施している。

 この企画は、スマホで会員登録し、加盟店にある二次元コードを読み取ることでスタンプがもらえ、その数によってさまざまな体験ツアーの抽選に応募できるというもの。加盟店は、腰越や材木座など、観光客が集まる場所から少し離れた店なども多く、分散観光をしてもらう狙いもある。

 現在の参加者は600人超。新たに加盟を希望する店なども随時募集している。

地元事業者らが連携

 事業には、同協議会のほか、湘南モノレールや関谷の農家、レストランなど10カ所以上の事業者が協力。モノレールではPRのラッピング車両を年末から走らせ、農家では収穫体験など、それぞれの個性や特性を生かし、連携している。

抽選で体験ツアー

 景品の体験ツアーには、子ども連れに人気の鎌倉野菜の収穫体験や地元食材での料理教室、宿に宿泊しグルメを堪能できるツアーなどがある。企画を担当する羅さんは「アプリのダウンロードは不要で、スタンプは会員登録やSNS投稿、クイズへの回答などでも集められる。気軽に参加してほしい」と話す。

 会員登録は左記二次元コードへ。加盟店登録は同協議会ホームページから問い合わせを。

会員登録はこちらから
会員登録はこちらから

鎌倉版のトップニュース最新6

3年ぶりに海水浴場開設

3年ぶりに海水浴場開設 社会

感染対策し7月1日から

5月27日号

リレーV、100m3位

中村千博さん(手広中出身)

リレーV、100m3位 スポーツ

陸上・県高校総体

5月27日号

インクルーシブな公園に

インクルーシブな公園に 文化

玉縄で第1号、他も整備へ

5月20日号

魅力満載「鎌倉かるた」

清泉小

魅力満載「鎌倉かるた」 教育

歴史文化交流館で展示中

5月20日号

瀬戸たまさんが日本一

瀬戸たまさんが日本一 スポーツ

太極拳ジュニア大会で

5月13日号

文学館、来年4月から休館

文学館、来年4月から休館 政治

大規模改修で2年間

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook