茅ヶ崎版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

小出川彼岸花団体協議会の会長を務める 宮治 満さん 藤沢市在住 74歳

「赤いじゅうたん見に来て」

 ○…小出川秋の風物詩「小出川彼岸花まつり」が9月29日(土)から始まる。毎年、東京、川崎、横浜など市内外から延べ5万人の来場客で賑う。打戻(藤沢)、遠藤(藤沢)、せりざわ(茅ヶ崎)、おおぞう(寒川)4つの彼岸花の会からなる団体協議会の会長として、「2市1町で構成されているので、まとめるのが大変。会員やボランティアみんなで、5月から草刈を始め手入れをしてきた。多くの人に見に来てほしい」と呼びかける。

 ○…彼岸花の名所となったきっかけは、35年前、自宅近くの水田に彼岸花の群生を見つけたこと。「赤いじゅうたんを敷き詰めたように花が咲けば、みんなが見に来てくれると思って」。しかし当時は夢のような話だったという。最初は300mだった彼岸花コースも、10年前に遠藤、8年前にせりざわ、3年前におおぞうと徐々に範囲を広げていき、今では3Kmものコースになった。「橋や道を作ってもらうのは大変だったけど、観光客のみなさんに来ていただきやすくなった」と苦労話も、笑顔で話す。

 ○…農家の長男として生まれ、以来74年間ずっと打戻に居を置く。御所見小、御所見中、平塚農業高校と卒業後、父親の後を継いだ。「農業一筋」。黒く焼けた肌とごつごつした手が、その言葉に説得力を与える。最近では、農業は儲からないという理由で離れる人が増えている。しかし「農業は自然相手。いつの時代も全力を尽くしてやるだけ」ときっぱり。現在は息子夫婦と一緒に切り盛りし、野菜を中心に栽培している。

 ○…息抜きは旅行。他の地域に行くことで、勉強することも多いという。「車窓から見る景色は、自分の農業にも反映させている」。やはり、農業一筋。息抜きの旅行でも、ついつい農業のことを考えてしまう。そんな実直な人柄だからこそ、4団体をまとめることができるのだと思った。
 

茅ヶ崎版の人物風土記最新6件

神村 貴男さん

茅ヶ崎飲食店組合の新組合長に就任した

神村 貴男さん

2月16日号

金井 加代子さん

「神奈川なでしこブランド」に認定された(有)ティーケイトインターナショナルの代表取締役を務める

金井 加代子さん

2月9日号

矢島 敏さん

「第3回S―1沖縄しまくとぅば漫談大会」で3位に入賞した

矢島 敏さん

2月2日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月26日号

安部 竜一さん

雄三通りスマイルプロジェクト(YSP)のアートプロジェクトで街中に絵を描く

安部 竜一さん

1月19日号

岡 耕介さん

茅ヶ崎市美術館で2月4日(日)まで展覧会「TUMBLING DICE」を開催している

岡 耕介さん

1月12日号

<PR>

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松籟庵で雛人形展示

松籟庵で雛人形展示

3月4日まで

2月10日~3月4日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク