茅ヶ崎版 掲載号:2018年2月2日号 エリアトップへ

8年ぶり死者ゼロ 2017年の市内交通事故

社会

掲載号:2018年2月2日号

  • LINE
  • hatena

 2017年中に茅ヶ崎市内で発生した交通事故の死者数が、8年ぶりに0人となった。これを受け神奈川県交通安全対策協議会(会長は黒岩祐治県知事)から茅ヶ崎市交通安全対策協議会(会長は服部信明市長)へ感謝状が贈られた。

 県交通安全対策協議会は、神奈川県を中心に223の行政機関と民間団体からなる団体。組織的、総合的な交通安全の推進と円滑な交通の確保を目標に活動し、毎年1月に開く総会で、前年に交通事故防止に貢献した団体を表彰している。今回は1月26日に総会が開かれ、「年間の交通事故死者数をゼロに抑止した」9団体、「3年以上連続して年間の交通事故死者数をゼロに抑止した」2団体、「交通死亡事故の抑止と地域の交通安全に多大な功労があった」2団体、「交通死亡事故の抑止と県内の交通安全活動に多大な功労があった」1団体の計14団体が表彰され、黒岩知事から感謝状を受け取った。

人身交通事故は微増

 茅ヶ崎市では2016年にも「交通事故死者数が前年比で減少率50%以上、かつ過去5年平均比でも減少率50%以上」を達成し同協議会から表彰されているが、「交通事故死者数0」での表彰は09年以来となった。一方で人身交通事故自体の発生件数は10年前に比べ半減しているが、17年は前年に比べ32件増加した。

 交通事故抑止のため茅ヶ崎市交通安全対策協議会では、幼児から高齢者まで幅広い世代を対象に交通安全教室を実施。また市内で発生している交通事故の3割が自転車事故で件数も増加傾向にあることから、自転車の安全利用を呼びかける啓発キャンペーンや街頭指導などを行っている。

 今回の表彰を受け服部市長は「大変光栄なことで、協議会メンバーの茅ケ崎警察署や茅ヶ崎地区交通安全協会をはじめ、多くの方々と密接に連携し交通安全施策を進めてきた一つの結果と思う」と語り「8年ぶりの交通事故死者数0となったが、直近の交通事故数自体が増加してしまったことには反省点が残る。今後も関係機関や市民の皆さんとともに、市内での交通事故を減少させる取り組みを進めていきたい」と話した。

黒岩知事(左)から感謝状を受け取った
黒岩知事(左)から感謝状を受け取った

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「インクルーシブ」な公園を

障がい持つ子の親が始動

「インクルーシブ」な公園を 社会

4月9日号

耳を澄ませば「加山さん」

耳を澄ませば「加山さん」 社会

商業施設などの館内放送

4月9日号

子ども基金募金箱を設置

子ども基金募金箱を設置 社会

市内郵便局の窓口などに

4月2日号

「#ちがすき」がオープン

茅ヶ崎ライフスタイルWebマガジン

「#ちがすき」がオープン 社会

市内外に茅ヶ崎の魅力・情報を発信

4月2日号

北陵高吹奏楽部が全国へ

北陵高吹奏楽部が全国へ 文化

3月28日、都内で大会

3月26日号

Fリーグ新人賞を獲得

フットサル

Fリーグ新人賞を獲得 スポーツ

堤在住・毛利元亮選手

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク