茅ヶ崎版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

公立小中にAED追加 地域の利用想定し屋外に

教育

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
梅田中学校の体育館外壁に設置されたAED(市教育総務課提供)
梅田中学校の体育館外壁に設置されたAED(市教育総務課提供)

 茅ヶ崎市は市内公立小中学校全32校の屋外に、自動体外式除細動器(AED)を1台ずつ追加で設置し、冬休み明けの1月7日から稼働させた。公立小中学校の2台導入は全国的にも珍しく、防災拠点としての設備強化なども期待されている。

 これまで小中学校のAEDは、2007年に屋内に1台ずつ設置されている。昨年7月、市教育総務課は各校への聞き取り調査の中で、プール活動の際など設置場所から持ち出す運用方法を知った。「AEDは心肺停止から1分でも早い使用が効果的とされているが、そもそも設置場所から救急現場へ持ってくるまでに5分以上かかるケースも想定された」と同課の森俊成さん(43)。2013年に厚労省が発表したAEDに関するガイドラインでは、広い建物などでの複数台設置が提案されていることから、追加導入となった。

 今回導入された「AEDを収納する外箱」は、屋外可の仕様で1台約22万円。設置場所の汎用性も高まった。AED本体は、メンテナンスや新型への更新などの必要性から、5年間のレンタルで運用する。1台あたり月3780円で、初年度は教育費の学校管理費で取り扱い、次年度以降は今後の管理も含めて消防の管轄となる。

 利用は学校活動に限らず、近隣での有事の際など広く一般を想定。また、地域防災の拠点としての学校の側面を強化する意味合いもあることから、森さんは「学校での導入以来、使用報告は4件。使われないのが一番だが、なにかあってからでは遅い。生徒児童、地域全体の安心・安全の一助になれば」と話した。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

みどりの愛護功労者に

萩桜会

みどりの愛護功労者に 社会

公園の植樹・美化活動が評価

5月13日号

アロハマーケットが復活

アロハマーケットが復活 社会

14・15日 ステージなど多彩

5月6日号

「補助金返還必要なし」

防犯灯電気料金返還請求訴訟

「補助金返還必要なし」 社会

地裁 自治会の訴え認める

5月6日号

特別支援学級 2校に開設

特別支援学級 2校に開設 教育

柳島小と鶴が台中で

4月29日号

ICカード決済6月開始

コミュニティバスえぼし号

ICカード決済6月開始 社会

当初予定より2カ月遅れ

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook