茅ヶ崎版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

聴覚障害者を支援する「みみとこころのポータルサイト」を立ち上げた 那須 かおりさん 茅ヶ崎在住 39歳

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

「困った」を言えるように

 ○…「どう生き方を決めるのか」「どんな困難が待っているのか」。聴覚障害者には、将来を思い描くために参考にできる情報が届きにくい。そんな現状を変えるため、今夏、「みみとこころのポータルサイト」を立ち上げた。自身も聴覚障害と向き合いながら、インタビュー記事やコラムを執筆。9月のサイト本格始動に向け、「ロールモデルを示したい」と意気込む。

 ○…神戸生まれ。4歳のとき、先天性両感音性難聴が発覚した。小・中と一般の学校に通い、高校ではろう学校に進学。大学院まで修了したが、就職でうまくいかず腐っていた。そんな時、アリゾナで日本料理店を営む友人から「渡航費だけ持って気分転換においで」と誘われ、二つ返事でアメリカへ。異国で自由に生きる友人の姿、押しの強い海外の人々に刺激され、「自分の主張を伝えていかなければ」と考えを新たにした。帰国後に地元で就職したが、新しい環境を求め神奈川へ。2年前、気候の穏やかな茅ヶ崎に移住した。

 ○…「昔から、困り事を言えなかった」。そんな自分を変えるため、茅ヶ崎では再び手話を勉強し、”障害とはなんぞや”を見つめ直した。「自分が幼い頃は選択肢がなかった。もっと情報があれば違う生き方もあったかも」。それならば、と聴覚障害者支援団体「4Hearts」を立ち上げ、自身も起業家としてロールモデルになろうと決意した。

 ○…猫のソマリと2人暮らし。昨年、人工内耳を付け、生まれて初めて猫の声を聞いた。「かわいいというより変わった声だなと思った」とはにかむ。「聴覚障害は”体験できない障害”とも言われる。私たちの活動を通じて、聞こえる人も聞こえない人も肩を並べられる社会を築けたら」

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

マイケル グラハムさん

10月26日からSZKギャラリーで個展を開く

マイケル グラハムさん

中海岸在住 69歳

10月23日号

小澤 榮一さん

新聞紙を使った作品づくりに励む

小澤 榮一さん

香川在住 68歳

10月16日号

祐川 友(すけかわ ゆう)さん

スマートブルー茅ヶ崎農場を管理する

祐川 友(すけかわ ゆう)さん

座間市在住 20歳

10月9日号

坂本 仁義(ひろよし)さん

第48代茅ケ崎警察署の署長に、9月3日付けで着任した

坂本 仁義(ひろよし)さん

十間坂在住 58歳

10月2日号

相澤 幸太郎さん

ビーチテニスの新プロジェクトを立ち上げた

相澤 幸太郎さん

緑が浜在住 40歳

9月25日号

門脇 匡志さん

団体「REALこども支援」代表

門脇 匡志さん

平和町在住 43歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク