茅ヶ崎版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市文化資料館 おうちでミュージアム 連載Vol.14

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
開会式参加児童に配られたメダル▶︎
開会式参加児童に配られたメダル▶︎

第18回オリンピック競技大会(1964)と茅ヶ崎

 第18回オリンピック競技大会は、昭和39(1964)年10月10日から24日にかけて15日間、東京を中心に開催されました。昭和15年の「紀元二千六百年記念」として東京で開催予定だった第12回オリンピック競技大会を日中戦争の影響から開催権を返上して以来の実施でした。また、アジアで初めて行われる大会でした。94の国と地域から、5152人の選手が20競技163種目に参加しました。

 神奈川県内ではヨットが藤沢・葉山、カヌーが相模原、サッカーとバレーボールが横浜を会場に行われました。

 茅ヶ崎市では、国道一号を「聖火リレー」が昭和39年10月7日に駆け抜けました。走者は全員男性で、平均年齢17・2歳、中学生から社会人までの計115人でした。沿道の観衆は約7万7千人で、警備には警官120人、消防団100人、交通指導員68人があたりました。

 オリンピックが開催された昭和39年は、東海道新幹線が開通した年でもあり、高度経済成長によって茅ヶ崎がベッドタウンへと急速に変貌していた時期でした。
 

▼記念タバコの外箱
▼記念タバコの外箱
▲記念扇子
▲記念扇子

茅ヶ崎版のコラム最新6

顧客は小さな子どもさん

【6】ふくふくパン(幸町) パンの聖地茅ヶ崎

顧客は小さな子どもさん

9月17日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.16

9月17日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.15

8月20日号

古き良き茅ヶ崎の味とは

【5】ティンバーライ(南湖) パンの聖地茅ヶ崎

古き良き茅ヶ崎の味とは

8月6日号

おうちでミュージアム

茅ヶ崎市文化資料館

おうちでミュージアム

連載Vol.14

7月16日号

安全なパンを焼くわけは

【4】BREAD N(東海岸北) パンの聖地茅ヶ崎

安全なパンを焼くわけは

7月9日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook